最大22%オフ!今年もDJIのサマーキャンペーンが開始されたよ!

 今年もやってきましたよ!民間ドローンのリーディングカンパニーであるDJIが今年もサマーキャンペーンをやってくれます!

 DJIの製品はコスパはいいものの、そもそもの価格が少し高いということもあり、欲しいけどなかなか手が出ないという方も多いかもしれませんが、今年のサマーキャンペーンでは最大22%オフの割引価格でDJIの一部商品を購入することができるようなので、対象商品に欲しいものがあれば今がチャンスかもですね。

 今回は、そんなDJIのサマーキャンペーンについて割引の対象となっている商品の一部を割引率の多い順に紹介したいと思います。

DJIサマーキャンペーン2019対象商品一覧

 では、早速紹介していきたいと思います。

Osmo Mobile 2

 今回のサマーキャンペーンで最大の割引率22%が適用されるの「Osmo Mobile 2」です。

 Osmo Mobile 2は、スマホ用ジンバルとして不動の人気を誇るスタビライザーで、スマホにDJIの専用アプリ(無料)をインストールすることで、スマホとジンバルを連携させ高い手ぶれ補正を実現してくれます。手ぶれ補正以外にもモーションタイムラプスのような電動スタビライザーならではの機能も付いており、スマホ動画撮影にはもってこいの商品です。

Mavic Air

 続いて、22%と高い割引率ではないものの、Mavic Airも14%の割引の89,100円で購入することができます。

 Mavic Airは、Mavic ProとSparkの中間モデルとしての位置付けであり、個人利用にはとても適しているドローンでMavic Proに負けないくらい人気のあるドローンになります。特徴としてはそのコスパの高さにあり、Mavic Proよりも安いのに関わらずMavi Proに負けないだけのスペックを有しいているドローンで、多くの人に愛用されており、Mavic Proよりもおすすめする人も多いです。

Tello Boost コンボ

 DJIは高機能なMavi ProやAirに加え、子供でも気軽に使えるトイドローン「Tello」も販売しています。

 Telloはドローンのエントリープロダクトという側面も持ち、ドローンを扱ったことのない方でも気軽に楽しめるように設定されているのが特徴です。Mavic ProやAirのようにダイナミックで美しい映像が撮影できるわけではないですが、気軽に飛ばしてドローンの操作を体感してみたい方や子供用ドローンに適している商品になります。また、プログラム飛行にも対応しておりプログラミングの勉強にもなるので、楽しみながらプログラミングを学べるということで子供へのプレゼントとして購入する方も多いです。

 後述するTello単体も割引されていますが、フライトバッテリーや、Telloバッテリー充電ハブが1つのセットになったTello Boostコンボの方が割引率は高いので、単体のTelloよりもこちらの方がお得かもしれません。

Ronin-S 標準キット

 一眼レフとミラーレスカメラを対象としたジンバル「Ronin-S」の標準キットも今回のキャンペーン対象になっており、Mavic AirやTello Boost コンボ同様14%の割引が適用され70,380円で購入することができます。

 Ronin-Sを持っていれば動きながらの撮影等、三脚や手持ちではなかなか表現できないブレのない綺麗な映像を撮影することができます。また、三脚が禁止されているような場所での撮影でもブレのない綺麗な映像を撮影できるので、フォトグラファーであれば持っておきたい商品になります。

Mavic Air Fly More コンボ

 先ほど、Mavic Air単体を紹介しましたが、Mavic AirのFly More コンボセットも割引対象になっており、12%割引の113,400円で購入することができます。

 Mavic Air Fly More コンボと単体のMavic Airの違いは付属品の違いになります。Mavic Air Fly More コンボはバッテリーが2個付いていたり、バッテリー充電ハブが付いていたり、呼びのプロペラが付いています。Mavic ProやAirを使用したことがある方ならお分かりかと思いますけど、バッテリーの持ち時間はそこまで長くありません。そのため、予備バッテリーは必需品ですし、プロペラに関しても予備で持っておいた方がより安心です。そういった意味では最初の段階でこういったセット商品を購入しておいた方が結果的にお得になったりします。今回の割引後の価格もFly More コンボと単体でそこまで変わりないので、こちらのセット商品を購入するのが個人的にはおすすめかと思います。

Tello

 Telloはコンボ商品が14%割引で販売されていますが、単体は元の価格が安いこともあり11%割引の11,340円で販売されています。

 割引率もコンボの方が高いので、もしTelloを購入するのであれば個人的にはコンボ商品を購入する方がいいと思いますが、価格差が約5,000円ほどあるので、少しでも出費を抑えたい場合はこのTelloの単体商品を購入しても良いかもしれません。

Ronin-S エッセンシャルキット

 先ほどRonin-Sの標準キットを紹介しましたが、Ronin-Sのエッセンシャルキットも割引対象になっており、10%割引価格の57,780円で販売されています。

 Ronin-Sのエッセンシャルキットは標準キットの廉価版になっており、延長用グリップが金属製からプラスチック製へ変更されたり、USB電源アダプター等が同梱されていない商品になります。その分、標準キットに比べて価格も安くなっております。ただ本体は標準キットと同じなので、付属品をあまり必要ではないという方は、このエッセンシャルキットの方が適しているかもしれません。

MAVIC PRO PLATINUM

最後になりますが、割引率は8%と低いもののなんとMavic Pro Platinumも割引価格で購入することが可能です。

Mavic Pro PlatinumはMavic Proに比べて静音性が高く、動作効率も良い機種になります。Mavic2 Proが発売されたことで1つ型落ちの機種になりましたが、それでも個人利用としては十分過ぎると言ってもいいほど高機能なドローンになります。

まとめ

 ということで、今回はDJI恒例のサマーキャンペーン2019の割引対象商品の一部を紹介させていただきました。

 今回、紹介した商品以外にもディスカウントされている商品もあるので、下のリンクからDJIの公式ストアへ行き自分が欲しいものがディスカウントされているか調べてみてください!

 てな感じで、今回はここまで!また!

シェアありがとうございます!

タグ
DJI カメラ

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です