シェアありがとうございます!

Rentio(レンティオ)の評判は?GoPro Fusionをレンタルしてみたのでレビュー

 どうも、おはようございます。新年明けましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか?仕事も始まり、徐々に日常の生活を取り戻しているのではないでしょうか?

 さて、今回は昨年末に白馬へ友達とスノーボードトリップに行ってきたのですが、その際にRentio(以下レンティオ)というサービスでGoPro Fusionをレンタルしてみたので、そのレンタル方法とレンティオという会社について紹介したいと思います。

レンティオとは?

 まず、レンティオ
というサービスについて簡単に紹介すると、GoProやカメラ、家電などをレンタルできるサービスになります。

 2015年に設立された会社でカメラ、家電を中心としたレンタルサービスと役立つ情報を配信する情報配信サービスをメイン事業としている会社になります。

どんな商品がレンタルできるの?

 レンティオでは、今回僕がレンタルしたGoProやInsta360 ONE Xなどのアクションカメラをはじめ、ミラーレス一眼カメラやドローン、はたまたケルヒャーの掃除機など数々の家電をレンタルすることができます。

レンティオでレンタルできる主な商品

  • GoPro
  • Insta360 ONE X
  • DJI Mavic Proなどのドローン
  • ミラーレス一眼
  • ビデオカメラ
  • ジンバル
  • キッチン家電
  • 掃除家電

なぜ買わないでレンタルするのか?

 レンタルするくらいなら買ったほうがいいんじゃないかという方もいるかと思いますが、カメラや家電となると高額な製品もあり用途によってはレンタルした方がお得になる場合もあります。

 例えば、今回僕がレンタルしたGoPro Fusionは現時点で定価で購入すると76,000円になります。結構高いですよね。しかも用途としてはスノーボードの動画を撮りたいという用途だけだったので、なおさら購入するには高すぎる商品です。こういったケースだとレンタルした方がだいぶお得になります。

 また、購入するか迷っておりとりあえず機能性を実際に試してみたいというような場合でも、まず格安でレンタルして購入を検討するというような使い方もできるかと思います。

レンタル費用はどのくらい?

 では、実際にどのくらいの費用でレンタルできるのでしょうか?

 これは商品やレンタル日数によって様々なので一概に言えませんが、例をいくつか下表にまとめてみます。

レンタル費用

製品名 期間 価格
Hero7 Black 3泊4日 9,980円
GoPro Fusdion 3泊4日 14,800円
Insta360 ONE X 3泊4日 6,980円
DJI Mavic Pro 3泊4日 19,800円

 こんな感じになります。

 製品によって価格もまちまちですね。この価格が高いのか安いのかは製品や用途によって変わってきますが、大体5〜10回ほどで購入金額に達する価格に設定されているように思います。そうするとこの回数以上使用する予定がある場合は購入した方が長い目で見ればお得です。ただ、逆にこの回数ほど使わないのであればレンタルした方がお得になります。

補償はどうなってるの?

 こういったレンタルサービスで気になるのが補償になります。

 レンタル期間中に過失で壊してしまったり紛失してしまったり不測の事態で返却日に間に合わないということもあります。その際にどのくらいの費用が掛かってくるのかということも事前に知っておく必要があります。

補償費用

状況 費用
故障・破損(過失なし) 無償
故障・破損(過失あり) 最大2,000円
紛失 商品代金100%
付属品返送忘れ 送料のみ負担

 主な補償制度は上記の通りとなっています。基本的に故障や破損に関しては過失がない場合は費用は請求されないようです。また過失があった場合の故障や破損でも最大2,000円の修理費で済むのはありがたいですね。ただし、注意しないといけないのは紛失した場合ですね。紛失した場合は原則商品代金の100%を支払う必要があるので、その点に関しては細心の注意が必要になりそうです。特にドローンなどは海の上などで撮影する場合も多いでしょうから、落下してしまったりしたら回収するのも難しくなり商品代金も高額なので慎重に扱う必要性があると思います。

 なお、不測の事態によって返却日に間に合わなかった場合は、その旨を連絡すれば延長費用は掛からないようです。

 補償制度に関する詳細はこちら

返送のタイミングは?

 レンタルした商品の返送タイミングに関しては、借りた日数の最終日の深夜12時までにコンビニなどに持っていけば大丈夫です。例えば、本日2019年1月9日から3泊4日でレンタルした場合は1月13日の0時まで(12日中)に返送すれば大丈夫ということになります。

 なお、返送に関しては送られてきたダンボールをそのまま流用して返送すれば問題ありません。返送料も着払い伝票が同梱されているので無料になります。

実際にレンタルしてみた

 では、ここからは実際にレンタルする場合の購入方法などの手順を紹介していきたいと思います。

商品を選ぶ

 まず、レンティオ
のサイトへ行ってレンタルしたい商品を選択します。

 今回はGoPro FusionをレンタルしたのでFusionをレンタルする手順で進めていきます。

レンタルしたい日にちを選択する

 続いて、右側にあるカレンダーでレンタルしたい日にちを選択します。

日数や金額の確認

 レンタルしたい日にちを指定したら金額とレンタル期間、数量の確認をして「カートに入れる」を選択します。

カードの中身を確認

 カートに入れた商品を確認して問題なければ「レジに進む」を選択します。

メールアドレスの入力

 レジに進んだら、次にメールアドレスを入力します。この時に会員登録をしたい方は登録しておきましょう。ゲストとして購入手続きを進みたい場合は「ゲストとして注文する」の箇所にメールアドレスを入力してください。

住所の入力

 続いて、届け先の住所の入力をします。

配送日の指定

 住所を入力したら、続いて配送日の指定の指定をします。時間指定ができるので都合のいい時間を指定します。

決済

 諸々の情報を入力したら決済をします。決済方法は「代引き」、「クレジットカード」、「クレジットカード」、「銀行振込」などの方法が用意されています。

 今回自分はKyashを使って試してみたのですが、問題なく決済ができました。

 ちなみに、Kyashとは2%のキャッシュバックがもらえる決済アプリです。日頃の買い物をKyashでするとお得ですよ。

注文内容の確認

 最後に住所など全て情報を確認して問題なければ注文を確定します。

完了

 これで完了です。

商品が実際に届いた

 上記の通り注文して、実際に指定した日時通りにGoPro Fusionが届きました。

 側面に「Rentio」のロゴが入っています。ちなみに、このダンボールは返送用にも使うので捨てないで取っておきましょう。

 ダンボールの中身は、商品以外にレンティオの「ご利用ガイド」と「返送用伝票」、「返送時に使用するシール」が同梱されてあります。これらを使用して返送すればいいわけですね。

 GoPro Fusion自体は下の写真のように専用のケースに入った状態で届きました。本体以外にもGoPro純正のスティックマウントとポケットケースも入ってました。GoPro Fusionはセットではなく単体でのレンタルだったのですが、こういった付属品も付いてくるんですね。

 ケースを開けてみるとGoPro Fusion本体とUSBケーブル、マウントが2つ入っていました。スティックマウントに加え通常のマウントも付いてくるのでマウントを持っていない方でも使えるのはいいのですね。

 なお、GoPro Fusionに関してはマイクロSDカードは付属品として入っていないので、レンタルされる際にはマイクロSDは別途自分で用意する必要がありますのでご注意ください。

レンティオを利用してみた感想

 今回、初めてレンティオを利用してみましたが特に大きな問題はありませんでした。レンタルする前にいくつか気になる点があったので、公式サイトのチャット機能で問い合わせてみたところとても丁寧かつ迅速に回答してくれて、こちらの要望にも可能な限り対応してくれる感じでした。

 価格に関しても購入するよりだいぶ安く収まったので、こういった一時的な利用に限定すると、とてもお得感があると思います。ただ、やはりレンタル商品になるのであくまで中古品という認識はもっておいた方が良いかと思います。タイミング的に運良く新品に近い状態でレンタルできることもあるかもしれませんが、基本的には中古品ということは頭に入れておいた方が良いと思います。ちなみに今回レンタルしたFusionに関してはサイドドアの部分が若干開けづらくなっていました。とはいえ、機能的には全く問題なかったので総合的にはレンタルして良かったと思います。

まとめ

 ということで、今回はレンティオというレンタルサービスでGoPro Fusionをレンタルしたことについて紹介させていただきました。

 レンタルと購入がどちらが良いのかは製品や用途によって変わってきますが、今回の僕のケースのように一時的に利用したいとか、とりあえず機能面を試してみたいという方にはおすすめなので興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?

 それでは、今回はここまで!また!

シェアありがとうございます!

タグ
fusion GoPro

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です