シェアありがとうございます!

GoPro New Hero 2018はどこで買うのがお得か?

 こんにちわ、今日も快晴の東京いかがお過ごしでしょうか?Hashiです。

 さて、前回の記事でGoPro New Hero(2018)のスペックに関してHero6との違いを交えながら紹介させていただきましたが、実際にNew Hero(2018)を購入する場合、どこで買うのがお得なのか紹介したいと思います。

2018.10.14追記

 なお、この記事はNew Heroに絞った記事になります。新機種のGoPro Hero7の記事は下記になります。

 また、初めてGoProを買うという方向けの記事も書いていますので興味があれば下記も読んでみてください。

GoPro New Hero(2018)とは?

 GoPro New Hero(2018)とは、簡単に紹介すると2018年4月に発売された低価格のアクションカメラで、エントリーモデルとも呼ばれ、これからGoProデビューしたい人のためのGoProと言われています。

 なお、詳細は下記の記事で詳しく紹介しているのでそちらを参照していただければと思います。

公式サイトで購入する場合

 さて、早速本題に入りますが、まずはGoProの公式サイトで購入した場合、どのような感じになるのか調べてみましょう。

公式サイトで購入するとマイクロSDカードが付いてくる

 公式サイトでは、現在(2018年5月現在)New Heroは26,000円(税込)で販売されています。

 さらに、公式サイトで購入した場合は付属商品としてマイクロSDカード「SanDisk Extreme 32GB microSDHC(約2,000円相当)」がついてくるので、その点では結構お得感があるように思います。

 ちなみに、補足になりますが一時期はマイクロソフトに加えギフトバッグ(950円相当)も付いてきていましたね。

保証は別売り

 マイクロSDカードもバンドルでついてるということでお得感を感じやすい公式サイトですが、実は落とし穴があります。それはGoPro Careという保証が別売りで高いということです。

GoPro Careとは?

 GoPro Careとは、GoProの保証プログラムのことで、各機種によって金額も異なりますが破損した場合等の保証に加え、カスタマーサポートと専門スタッフによるコンサルティングとサービスを2年間受けられるプログラムのことを言います。

GoPro Careは結構高い

 カスタマーのコンサルも受けられるので一瞬魅力的に感じますが、その分料金も高くなっています。例えばHero6だと契約自体で99ドル(約10,000円)も掛かります。さらにユーザーの過失損傷等に関しては対象外になるので、その場合はさらに高い金額(サービス請求手数料)が掛かってきます。

 また、先ほども紹介した2年間という保証期間も金額の割には短いと思います。例えばAmazonで購入する場合は3年間の保証がつけられるので、その点を比べると結果的に高くついてしまうのではないかと思います。

 ちなみに、GoProはアクションカメラという用途上、故障や紛失はよく起こり得ることなので個人的には保証は必須だと思っています。もちろん本体価格にはメーカー保証(1年間)が付いていますが、これだけだと物足りないのでどこで購入するにしても必ず保証はつけた方が良いと思います。

 GoPro Careの詳細はこちら

 ※ちなみに、残念なお知らせですがGoPro Careのページをみると分かると思いますがNew Hero対応のGoPro Careがありません。カスタマーに確認したところ、現時点(2018年5月)ではないとのことです。。

公式サイトで購入する場合

本体のみ 26,000円(税込)
マイクロSD(32GB) 無料
GoPro Care契約 現在対象となる保証がない

代表的なネットショップで比較してみる

 次に、公式サイトではなくネットショップで購入する場合を調べていきたいと思います。今回は大手ネットショップの下記3つで比較していきたいと思います。

  • Amazon
  • 楽天
  • 価格com

 なお、冒頭でも触れたようにGoProには故障等の保証が必須だと個人的には思っているので、保証付商品を対象に比較してみたいと思います。

Amazon

まずは、定番のAmazon。New Hero(2018)は一体どのくらいの価格で販売されているのでしょうか?

Amazonで購入する場合

本体のみ 26,270円(税込)
3年保証(落下・水没にも対応)付 28,550円(税込)

 本体のみでだと6,270円(税込)で販売されていますね。公式サイトに比べると数百円高いという結果になりました。しかし、上の表の通りAmazonは保証プログラムが良いので落下や水没にも対応した3年保証を付けても28,550円と総額が公式に比べグッとお安くなります。

28,550円 3年保証付
【国内正規品】GoPro HERO CHDHB-501-RW

ゴープロ

Amazonでお買い物をする場合はプライムに入会するととてもお得です。

 なお、Amazonカードで購入すれば2%のポイント還元あれるので571円が還元されて、3年間保証込みでも実質27,979円(税込)で購入することができます。

楽天

 次に、Amazonと並ぶネットショップの巨人、楽天ではどのくらいの価格で販売されているのでしょうか?現時点(2018年5月22日現在)で検索をしたところコジマ楽天市場の販売価格が最安値でしたが保証がついていないので、長期保証が付いているイーベストの商品を紹介したいと思います。

楽天で購入する場合

本体のみ 30,421円(税込)
長期保証付 31,942円(税込)

 こちらはメーカー保証に加え、イーベストの長期保証がついて総額31,942円(税込)になります。さらに、こちらの商品は1,595円分のポイント還元があるので、実質では3,0347円(税込)となります。

価格com

 次に、価格comで検索した場合に最安値で販売されている商品を紹介します。現時点で検索したところノア商社というところが最安値で販売していました。

価格comで購入する場合

本体のみ 26,009円(税込)
長期保証付 30,009円(税込)

 こちらは、本体価格は安いのですが長期保証(自然故障、落下・破損・水没)が4,000円と少し高いので総額では30,009円(税込)となりました。

やっぱりAmazonで購入するのがお得

 さて、公式サイトに加え大手ネットショップも含めて、どこで購入するのがお得なのか比較してきましたけど個人的な結論としてはやはりAmazonで購入するのが一番だと思います。

 まずは、金額の比較をまとめたのが下表になります。公式サイト以外は保証込みの金額になります。

公式サイト(マイクロSD付) 26,000円(税込)
Amazon 28,550円(税込)
楽天 31,942円(税込)
価格com 30,009円(税込)

 金額だけ見ると、公式サイトがマイクロSDカードもついて一番安いように見えますが、上で指摘したようにこの金額には保証が含まれていません。今後、対応するGoPro Careが販売されるようになったとしてもおそらく6,000円くらいすると思います。そうすると総額で高くなってしまうと思います。さらに、GoPro Careの保証期間は2年で過失は対象外なので、その点からも他のショップの方で買う方がいいと思います。

 とすると、他のショップで最安のAmazonがやはり一番お得になります。公式サイトだと付属で付いてくるマイクロSDカード(32GB)もAmazonだと2,000円強で販売されているので、そちらを加えても若干3万円を超えるくらいです。

 てことで、やっぱりAmazonが最強かなという印象です。

買う前にレンタルする方法もあり

 ちなみに、今回はNew Heroを対象にどこで買うのがお得なのか紹介してきましたが、レンタルする方法もあります。

 GoProのレンタルは「Rentio」というサイトでレンタルすることができ、1日単位や月単位でレンタル可能になっており、送料も無料、さらにコンビニや自宅で返却可能となっておりとても便利なサービスです。

 実際に購入する前に格安でレンタルしてとりあえず使ってみて判断するという方法も賢いやり方だと思うので検討されると良い思います。


RentioでGoProレンタル

まとめ

 ということで、GoPro Heroシリーズのエントリーモデル「New Hero(2018)」を買う場合は、どこで購入するのが一番お得なのかを紹介させていただきました。ただし、もちろん価格は日々変化していますし、各々様々な事情があると思うので今回紹介したようにAmazonで買うのが絶対お得というわけではありません。そこは各々でご判断いただければと思います。

 それでは今回はここまで!Hashiでした。また!

【国内正規品】GoPro HERO CHDHB-501-RW

ゴープロ

Amazonでお買い物をする場合はプライムに入会するととてもお得です。

この記事のまとめ

  • GoPro HeroシリーズのエントリーモデルNew Heroはどこで買うのがお得なのか検証
  • 公式サイトに加え大手ネットショップを比較
  • やっぱりAmazonで購入するのが一番お得だという結論

シェアありがとうございます!

タグ
GoPro New Hero

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です