シェアありがとうございます!

GoPro Hero5を片手に7年ぶりのスノボで舞子リゾートに行ってきた

 こんにちわ、とうとうSpotifyの有料会員になったTakaです。昨日、久々にスノボに行ってきました。ここ数年はなかなか行く機会もなく前回行ったときのことを振り返ってみると7年ぶりでした。。歳も取るわけだ。。

 というわけで、久しぶりのスノーボードなわけですけど、今回行く場所は新潟の『舞子リゾート』。行ったことなかったですが、友人の勧めもあり初めて訪れてみました。

舞子リゾートとは?

出典:https://www.maiko-resort.com/winter/

 舞子リゾートとは新潟県の南魚沼市にあり、高速を降りて1分というアクセスの良さもあり、多くのお客さんに人気のスキー場になります。コースも全部で26種類あり、初級車から上級者まで幅広く楽しめ、さらに宿泊施設も近くにあるので泊まりで楽しむこともでみます。

 東京からのアクセスは、車でうまく行くと4時間くらいで着くところになります。雪質も良く日によってはパウダーを楽しむこともできます

 また、ボードやウェアのレンタルも豊富に揃えているので、荷物をあまり持って行きたくない方にとっても利用しやすい施設の一つです。

スノボ with GoPro Hero5

 今回のスノボでは、GoProのテスト撮影もしたかったので、先日購入したGoPro Hero5を持参していきました。

 また、スノボ撮影に定評のある自撮りマウント「Velobonのウルトラスティックセルフィー」も持って行きました。

 さらに、ウルトラスティックセルフィーでうまく撮れなかった場合に、ヘッドマウントも念のため持って行きました。

早朝5時に出発からの渋滞にどハマり

 今回は日帰りだったので、9時には着きたいよねということで、逆算して朝の5時に東京を出発しました。さすがにまだまだ暗いですね〜。

 まだまだ街が寝静まってる中、車を走らせ、練馬インターから高速に乗り、小雪が散る中車を飛ばしていきます。

 順調に行くとよかったのですが、これが三連休の中日ということもあり、途中渋滞にハマってしまいました。結果的に4時間のところを6時間掛かってしまったのですが、車内から見る新潟の雪景色も美しく、そこまで疲れは感じませんでした。途中トンネルを抜けると一気に外の景色が一変するのが印象的でしたね。

ウェアとボードはレンタル

 とりあえず渋滞にハマってしまったものの、無事に舞子リゾートまで着き、早速ボードを借りて7年ぶりのスノボ。

 ちなみに、今回は久しぶりのスノボということもありウェアもボードもレンタルしたのですが、5時間借りてボードとウェア合わせてちょうど1万円でした。

7年ぶりだけど体は覚えていた

 さて、いよいよ久々のボーディングですが、7年ぶりだし、もう30代半ばだし結構キツイかなと思ってましたが、滑ってみると意外や意外全然滑れました。意外と体が覚えているもんですね。ほぼコケることもなく久しぶりのスノボを楽しむことができました。

GoProの撮影もできた!

 今回は渋滞と友人の予定もあって、結果4時間ほどしか滞在できなく、さらに最初のうちは滑ることに集中していたので、あまり撮影ができなかったのですが、最後の一滑りでGoProの撮影もほんの少しだけですが出来たのでよかったです!時間がなくほとんど良いフッテージが撮れなかったので、コンテンツとしては不十分だけど動画を載せておきます。

 この動画はVelobonのウルトラスティックセルフィーで撮影したのですが、グリップもしっかりしてるし安定しているので、普通に滑れる人なら難なく撮影できると思います。ウルトラスティックセルフィーおすすめです!

まとめ

 ということで、今回は久々のスノボに舞子リゾートまで行ってきたのですが、雪質もよく滑りやすかったです。ただ、休日ということもありリフトは激混み。また、頂上からスムーズに滑れないコースというか、途中でどうしてもリフトを乗り継がないといけなかったり、平坦な部分も多いのが少し個人的には残念。まあ、休日はしょうがないし、時間もなくほとんど滑れなかったので、コースも自分が知らないだけだと思います。

 しかし、久々でしたがやっぱり楽しいですねスノーボードは。またボードとか揃えて頻繁に行くようにしようかな。

 GoProでのテスト撮影も難なく出来たので、また近々スノボに行きたいと思います!

 それでは今回はここまで!また!

この記事のまとめ

  • GoProのテスト撮影も兼ねて、7年ぶりのスノボに舞子リゾートまで行ってきた
  • 途中渋滞にどハマりして、4時間のところが6時間掛かってしまった
  • 久々のスノボに関わらず、意外と滑れて、GoPro撮影も問題なく出来た

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です