シェアありがとうございます!

GoProの推奨microSDカードは何を買うべきなのか?価格を比較してみた

 こんにちわ、久しぶりに家でたこパーをしたのですが、ついつい食べ過ぎてしまったHashiです。さて、今回は先日購入したGoPro Hero5(以下記事参照)の撮影に必要なmicroSDカードについて紹介したいと思います。

 GoProで実際に撮影する場合には、本体だけでなくマウントなどのアクセサリーが必要になってきますが、映像データを保存するmicroSDカードも必須になってきます。というかmicroSDカードがないと撮影できません。そしてmicroSDカードは本体には付いていないので別途購入する必要があります。

 また、microSDカードもどれでも良いわけではなく、GoProに適したものを選択する必要があります。なぜならGoProに適したmicroSDカードでないと故障に繋がったり、そもそもしっかり動作しなかったりします。特に4K動画の撮影などではフリーズしたりすることもあるようです。

 では、どのmicroSDカードを購入すればいいのかというと、GoProが公式に推奨しているカードであれば間違いないのですが、今回は、日本のGoProの総代理店であるタジマモーターコーポレーションのサイトで公式に推奨されているmicroSDカードの価格(Amazonを対象)を比較して、どのカードがおすすめなのか検証してみたいと思います。

 なお、今回の対象GoProはHero4,5,6になります。

 また今回の記事では出来るだけ価格の安いものを紹介したいので海外リテール製品も含まれています。

2018.7.27追記

※2018年7月27日現在、改めてタジマコーポレーションのサイトを確認したところ、Hero6の推奨マイクロSDカードに変更があったので今回の記事はHero6は対象外となります。Hero6とFusion向けの推奨マイクロSDカードに関しては下記の関連記事をご覧ください!

 検証する前に、そもそもmicroSDカードとはどういったものなのか?また、GoPro撮影に求められるmicroSDカードのスペックに関して簡単に紹介しますので、もうそんなの知ってるよという方はこちらからスキップしてください。

microSDカードとは?

 そもそも、microSDカードとはどういったものなのかというと、デジカメやPCで使われているSDカードをさらに小型化したメモリーカードで、主にスマホなどで使われています。小型のメモリーカードといっても400GBの大容量を誇るmicroSDカードもあり、小型かつ大容量の記憶装置になります。

推奨される容量は64GB以上

 microSDカードには様々な容量がありますが、いろいろ調べてみたところGoProで使用するのに適している容量は64GB以上になるようです。一応32GB等、少ない容量にも対応しているのですがHERO5や6などで4K動画を撮る場合は、64GB以上のものがおすすめになるようです。予算があるようであれば128GBのmicroSDカードを買ったほうがいいと思います。

求められる転送速度  Class10以上を選ぼう

 microSDカードには転送速度と言われる読み書きの速度に関する重要な指標があります。GoProのような高画質のデータの撮影になると読み書きのスピードも求められます。十分な容量があったとしても読み書きの転送速度が遅いと使い物にならないようなケースもあるのでとても重要な指標になります。

 転送速度は大体「Class」という単位で表されていて、「C」というマークの中に数値が書かれています。公式サイトではClass10のものが推奨されているので、購入の際にはこちらを必ず確認してから購入しましょう。なお、Class10とは1秒間に10MB以上のデータを転送できるということらしいです。

 また、最近では従来までのSDカードよりもっと高速な方法でデータを転送するUHSスピードクラスという規格もあり、こちらの規格は最低の転送速度がClass10と同等の10MB/1秒以上になり、こちらの規格だとClass1もしくはClass3のどちらかであれば大丈夫なようです。表記的には「U」の中に数値で「1」、「3」と書いてあるものを選べば大丈夫です。ちなみにUHSの中にも規格があり、現在市場に出回っているものは、「UHS-I」というものになるようです。

推奨されるカードを簡単にまとめると

 求められるスペックを紹介しましたが、簡単にまとめると「容量は64GB以上、転送速度はClass10以上であり、UHS-I対応であれば尚可」という条件を満たしているものを選択すれば間違いないと思います。

条件に該当するカードの価格を比較

 さて、ここからが本題になりますが、タジマモーターコーポレーションが公式に推奨しているカードの中で、上記でまとめた条件「容量は64GB以上、転送速度はClass10以上であり、UHS-I対応であれば尚可」をクリアしているカードの価格をそれぞれ調べてみたいと思います。なお、比較する参照価格はAmazonの価格を対象にしています。

 以下、価格の安いもの順になっています。

SanDisk microSDXCカード 64GB Extreme U3 4K対応

 『SanDisk/サンディスク microSDXCカード 64GB Extreme U3 4K対応』。7,480円(2018年2月現在)。

Lexar High-Performance microSDXC 64GB

 『Lexar High-Performance microSDXC 64GB』。8,260円(2018年2月現在)。

SanDisk microSDXC SDSQXVF-128G Extreme U3 V30 UHS-I

 『SanDisk microSDXC SDSQXVF-128G Extreme U3 V30 UHS-I』。9,280円(2018年2月現在)。

Lexar Professional 1000x microSDXC 64GB

 『Lexar Professional 1000x microSDXC 64GB』。10,805円(2018年2月現在)。

Lexar Professional 1800x microSDXC 64GB

 『Lexar Professional 1800x microSDXC 64GB』。17,070円(2018年2月現在)。

Lexar Professional 1000x microSDXC 128GB

 『Lexar Professional 1000x microSDXC 128GB』。18,261円(2018年2月現在)。

SanDisk エクストリームプロ microSDXC UHS-II 64GB

 『サンディスク SDSQXPJ-064G-JN3M3 エクストリーム プロ microSDXC UHS-II カード 64GB』。21,189円(2018年2月現在)。

SanDisk エクストリームプロ microSDXC UHS-II 128GB

 『サンディスク SDSQXPJ-128G-JN3M3 エクストリーム プロ microSDXC UHS-II カード 128GB』。41,758円(2018年2月現在)。

Lexar Professional 1800x microSDXC 128GB

 『Lexar Professional 1800x microSDXC 128GB』。46,700円(2018年2月現在)。

GoProにおすすめのmicroSDカード

 以上、公式に推奨されるカードの中で、今回の条件に合うmicroSDカードを調べてみた結果、9つのカードが該当しました。

 やはりメーカーやスペックの違いによって価格も様々ですね。またどの商品も公式に推奨されているものということもあり高価です。。一番高いものは5万円近くもしますね。。

 さてさて、ではこの9つの中で総合的に見て、僕が一番おすすめできるのが『SanDisk/サンディスク microSDXCカード 64GB Extreme U3 4K対応』になります。こちらの商品はフラッシュメモリー製品業界の大手Sundiskでブランドとしても文句なしですし、性能も容量も申し分なく、価格的にも一番安いのでおすすめです。自分もこのカードを購入しました。このカードを買っておけば4Kの撮影でも問題なく動作すると思います。

 ただし、このAmazonの商品は海外リテールになるので稀にハズレをひく可能性もあります。その点十分注意してください。

 並行輸入製品が嫌な方は、国内流通製品版もありますのでこちらも検討してみてください。

 次におすすめしたいのが、上の商品の128GBバージョン、『SanDisk microSDXC SDSQXVF-128G Extreme U3 V30 UHS-I』になります。こちらは128GBの大容量で1万円を切るのでだいぶコスパが良いと思います。予算に余裕がある方はこちらの方がおすすめです。

番外編

 公式に推奨されるmicroSDカードを紹介してきましたが、番外編として公式に推奨はされていないものの安価でなおかつ今回の条件を満たすカードを紹介します。

 こちらの商品は、Transcendというメーカーの商品になり多くのGoProユーザーに愛用されているようです。安価ということでこちらのカードを予備のカードとして保有している方も多く、動作的にも基本的には問題ないようです。僕もスペアカードとしてこちらを購入してみました。まだ、テストで少ししか使用していませんが、今のところ問題なく動作しています。ただし、公式に推奨されているものではないので、購入される場合は正常に動作しない可能性もあるということを認識していただければと思います。

まとめ

 ということで、今回はGoProデビューしたら、まず一番最初の悩みどころであるmicroSDカードに関して、どのカードを買うべきなのかを個人的に検証してみました。結果的におすすめできるカードはやはり王道のサンディスクのmicroSDカードということになりましたが、それぞれの用途に合わせて選択していただければと思います。

 快適なGoProライフを送るためにも、microSDカード選びは重要になります。今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

 なお、Amazonでお買い物をする場合はプライムに入会するととてもお得なので、そちらも検討されると良いと思います。

 それでは今回はここまで!また!

この記事のまとめ

  • GoProデビューの最初の悩みどころであるmicroSDカード選びについて価格の面から検証
  • 公式に推奨されているmicroSDカードで、さらにスペック条件をクリアしたカードの価格を比較してみた
  • おすすめはやはりサンディスクのmicroSDカード
  • 公式に推奨されてはいないがTranscendのカードも安価でおすすめ

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。大人になってもずっと遊んでいたい人。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です