シェアありがとうございます!

『OSMO MOBILE2』の上下の揺れを軽減させる方法

 先日、「OSMO MOBILE2」に関してレビューを含め紹介させていただきましたが、今回は「OSMO MOBILE2」を使用する際にDJIが公式に推奨している上下の揺れを軽減させる方法を紹介したいと思います。

DJIの「OSMO MOBILE2」とは?

 「OSMO MOBILE2」とは、Mavic ProやPhantomといったドローンの開発・販売で有名なDJIという中国の企業が開発したスマホ用のジンバル(スタビライザー)になります。

 映像を撮影する際の手ブレを補正してくれるガジェットで、そのコスパの高さからスマホ用ジンバルとして確固たる地位を確立している製品になります。

 詳しくは下記関連記事で詳しく紹介しているのでお時間のある方はご参照ください。

忍者のように歩く「OSMO WALKING」

 「OSMO MOBILE2」は精度の高いセンサーで手の動き等を感知して手ブレを極力軽減してくれます。実際に使用したことがある人ならわかると思いますが、「OSMO MOBILE2」で撮影した動画と素手で直接持って撮影した動画を見比べればその差は一目瞭然です。

 しかし、そんな「OSMO MOBILE2」にも弱点があります。それは歩いたときに発生する上下の揺れです。実際に撮影した動画を見ると歩くテンポに合わせて微妙に上下に揺れます。レール撮影のような全く手ブレのない動画を撮影したい人にとっては結構気になってしまうレベルです。

 その「OSMO MOBILE2」にとって唯一の弱点と言ってもいい上下の揺れを軽減させる方法がDJIの公式動画で紹介されています。

 その名も『OSMO WALKING』。

 すり足まではいかないまでも、膝を曲げた状態で忍者のようになるべく上下に振動させないように歩くことですね(笑)。文章で言ってもあまり伝わらないと思うのでDJIの公式動画をご覧ください。

 映像の撮影に詳しい方なら知っていると思いますが、実はこの歩き方は何も「OSMO MOBILE2」に限ったことではなく、昔から動く被写体を撮影する際にはよく使われる手法ですね。膝をクッションのように使うことで振動を吸収させながら歩く方法ですね。

 しかし、この方法は複数人で撮影しているのであれば別に恥ずかしくないですが、1人での撮影でこのような歩き方をするのはちょっと恥ずかしいですよね(笑)。

 とは言え、上下の揺れを軽減させるには一番効果的な方法の1つなのでどうしても上下の揺れが気になる方は参考にしてみてください。

まとめ

 ということで、今回はスマホ撮影用ジンバル「OSMO MOBILE2」を使用した際に生じる上下の揺れをなるべく軽減させる方法を紹介させていただきました。

 上下の揺れさえ抑えることができれば本当にヌルヌルの動画が撮影できるのでお試しください!

 それでは今回はここまで!また!

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

DJI

Amazonでお買い物をする場合はプライムに入会するととてもお得です。

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です