シェアありがとうございます!

GoPro等のアクションカムと一眼レフ(ミラーレス)はどっちを買うべきか比較!

近年の技術の進化によって、誰もが持っているスマートフォンだけでも高画質、高精細な写真が撮れるようになり、また、VSCO等のアプリによってワンタッチで簡単に印象的な写真に加工できるようにもなりました。

インスタ映えという言葉が表すように、映える写真を撮影することは現代人、特に若者にとっては重要なことになりつつあり、誰よりも美しい写真を撮りたいと思っている方も多いことでしょう。

そして、もっと良い写真を撮るためには一眼レフやミラーレスなどの本格的なカメラが良いのではないか、また、名前だけはよく聞くGoProやInsta360などのアクションカメラってどうなの?と思う方もいるかと思います。

そこで、今回はGoPro等のアクションカメラと一眼レフやミラーレス、どちらを買うべきなのか、それぞれの特徴やメリットを紹介しつつ比較してみたいと思います。

どちらを買うべきなのか?一番重要なのは用途

では、それぞれの特徴を紹介していきたいのですが、細かい点を長々と読みたくない、結論だけ教えてという方もいるかと思うので結論から述べてしまいます。

まず、結局アクションカメラと一眼やミラーレス等のカメラ、どちらを買うべきなのか考える時に判断材料として一番重要なのは用途になります。自分がどのようなシーンで撮影をしたいのかということが一番大事な要素になってきます。

アクティビティ系はアクションカメラ

簡単に分けると、例えばサーフィンやスノーボード、シュノーケリングなどの激しい動きを伴うようなアクティビティ系のシーンであったり、水の中で撮影したい場合などはアクティビティカメラが適しています。

人物撮影や風景撮影がメインなら一眼やミラーレス

逆に、街中や花、自然などの風景、またはポートレート等の人物撮影をメインにしたいのであれば一眼レフやミラーレスの方が良いでしょう。本格的な一眼レフやミラーレスはアクションカメラに比べて撮影に関する豊富な調整機能等を搭載しているので、細部にこだわった撮影ができます。

このように、まずは自分がどのようなシーンで撮影をしたいのかということが、まずは判断材料になります。カメラは購入して終わりではなく、そこが始まりです。自分が撮りたいようなシーンに適していないカメラを買ってしまうと続かないので、購入前にしっかりと考えておきましょう。

アクションカメラのメリット

さて、用途が一番重要な判断材料と述べましたが、それだけではなかなか判断がつきにくいという方もいると思うので、それぞれの特徴を紹介したいと思いますが、細かく説明していくとかなり長くなってしまうので代表的な特徴やメリットを紹介していきたいと思います。

まず、アクションカメラですが、その特徴は何と言ってもその名称からも分かる通りアクションシーンやアクティビティシーンに特化されたカメラになります。サーフィンやスノーボードなど多くシーンで使われているカメラはこういったアクションカメラになります。

そんなアクションカメラのメリットをいくつか挙げていきます。

小型軽量で持ち運びに便利

まず、何と言っても小型軽量であることでしょう。アクションカメラの代表格であるGoProのHeroシリーズは下図のようにどれも小型サイズに設計されています。

重さに関しても大体120〜240gくらいで、iPhone等のスマートフォンと同じくらいなのでとても軽量で持ち運びに便利であることが分かると思います。

防水で耐久性に優れている

さらに、アクションカメラは水中の中でも撮影できるように防水設計されているものが多いです。GoProであれば防水ケースなどをつけなくても水中撮影が可能で水中の中でも綺麗な映像を撮ることができます。

また、スポーツなど激しいシーンでの利用を前提に設定されているので、耐久性にも優れています。落下等の多少の衝撃にはしっかり耐えられるように設計されているので、一眼レフやミラーレスのように落としてしまったら終わりのようなカメラbに比べて、この点は大きなメリットになります。

価格が安い

GoProやInsta360、また先日発表されたDJIのOsmoAction等、アクションカメラの多くは大体5万円前後で販売されています。

金額だけ見ると、決して安い価格ではないかもしれませんが、一眼レフやミラーレスは安くても10万円は超えてきますので、それに比べると安いと感じるのではないでしょうか?

アクションカメラのデメリット

続いて、アクションカメラのデメリットもあるので、そちらも紹介しておきます。

関連アイテムが必要

アクションカメラの多くは、撮影するのに多くの関連アイテムが必要になってきます。その代表的なものがマウントになります。

マウントとは、スティックタイプのものをはじめとしたカメラに取り付けて撮影しやすいようにしてくれるものになります。

スポーツなどの激しい動きをしながら撮影する際は、カメラ本体を手で持ちながら撮影すると落としたり紛失したり、そもそも映像がブレブレになったりします。それをサポートしてくれるのがマウントですね。

マウントもいろいろな種類があるので、サーフィンに適したマウントやスノーボードに適したマウントなど様々です。いろいろなシーンで利用したいと考えた場合、こういった周辺機器も必要になってくるので、その分費用が掛かってくるのはデメリットの1つかと思います。

紛失するリスクがある

アクションカメラはアクティブシーンで撮影するのでどうしても紛失するリスクが高まります。そして小型なので落とした場合、見つけるのに少し苦労することもあるかと思います。

一眼レフ(ミラーレス)のメリット

さて、アクションカメラの特徴やメリット等を簡単に紹介してきましたが、続いて一覧レフやミラーレスについても紹介していきたいと思います。

まず一眼レフ等のカメラの大きな特徴としては、カメラとしての性能が優れている点と様々なレンズが取り付けられる点かと思います。

一眼レフやミラーレスはカメラの代名詞とも言われる存在でありプロのカメラマンが使用しているのが、こういったカメラになります。

そんな一眼レフやミラーレスにはアクションカメラにはないメリットがあるのでいくつか代表的なメリットを挙げておきます。

様々なレンズが使える

まず、一番大きなメリットは一眼レフ等のカメラだと様々なレンズが使える点だと思います。

カメラにあまり詳しくない方の多くは高価で良いカメラを購入すれば良い写真や動画撮れると思いがちですが、写真の出来を大きく左右するのはカメラ本体よりもレンズです。

例えば、日本人が好きな写真の1つに背景がボケた写真がありますが、あのような写真を撮影するにはF値を低く設定できるレンズで撮影する必要があります。

また、ワイドな写真を撮りたい場合は、それに適したレンズで撮影するとより良い写真を撮影することができます。

アクションカメラの場合、基本的にレンズを取り付けたりすることはできませんが、一眼レフ等のカメラであれば多くのレンズを利用することができるので、この点はアクションカメラに比べて大きなメリットになるでしょう。

調整機能等の機能が豊富

アクションカメラは露出やF値、シャッターピード等の細かい調整にやはり限界がありますが、一眼レフやミラレースはそういった調整も細かく設定できるので、いろいろな撮影テクニックを試すことができ本格的な写真や動画が撮れるだけでなく撮影すること自体の楽しみが増え、知識も同時に増えていくので、写真を本格的に学びたい場合は一眼レフやミラーレスの方がアクションカメラよりも良いでしょう。

様々なメーカーから販売されている

アクションカメラは、現時点ではGoProやInsta360、OsmoAction等の数えるほどの種類しかありませんが、一眼レフやミラーレスはCannonやニコン、ソニーをはじめ、様々なメーカーから多く販売されているので多くの中から自分に合ったカメラを選ぶことができます。選択肢が豊富にあるということはユーザー目線としては迷うこともありますが、突き詰めていけば自分に最適なカメラを見るけることができるでしょう。

一眼レフ(ミラーレス)のデメリット

続いて、一眼レフやミラーレスのデメリットも挙げていきましょう。

価格が高い

アクションカメラのデメリットでも指摘しましたが、一眼レフやミラーレスカメラはアクションカメラに比べて総じて価格が高いです。プロも使うような高価なものだと何十万という単位になってきますし、安いものでも10万円くらいはしてきます(中古は別)。

高性能になってくれば、その分価格も高くなってくるのでお財布との相談が必要になってきます。

また、様々なレンズが使えるというメリットがありますが、このレンズがまた高いです。良いレンズだと本体より高くつくので、レンズ沼という言葉もありますが、本格的にやればやるほどお金が掛かります。

アクションカメラは周辺アイテムにお金が掛かると言いましたが可愛いもので、レンズを集めるとなると比べ物にならないほどお金が掛かってきます。

持ち運びが不便

スマートフォンなどで気軽に撮影できる時代なので、なおさら感じるかもしれませんが、一眼レフやミラーレスはいくらコンパクトで軽量になりつつあると言っても、スマートフォンやアクションカメラに比べるとサイズも大きいし、重さもそれなりにあるので、持ち運びという点ではアクションカメラには負けてしまうでしょう。

最大の違いはレンズ

ということで、アクションカメラと一眼レフやミラーレスカメラのそれぞれの特徴からメリット、デメリットまで代表的なものだけ簡単に紹介してきました。

持ち運びの快適さの違いや性能の違い等ありますが、個人的に思う最大の違いはレンズの有無かと思います。

一眼レフやミラーレスの最大のメリットは様々なレンズを使うことができることで本格的な映える写真を撮影することができますが、アクションカメラの場合はレンズの取り付けが基本的に無理です。

冒頭で、一番の判断材料は撮影したいシーンなどの用途と指摘しましたが、このレンズの有無も大きな判断材料になってくるので、その点も考慮して判断されると良いかと思います。

カバー範囲が広いのはアクションカメラ

最後に、カメラの性能としては一眼レフやミラーレスの方が優れているということがわかったと思いますが、撮影シーンのカバー範囲で言えばアクションカメラの方が圧倒的に広いです。

簡単な話しで、一眼レフやミラーレスカメラはアクティブシーンを想定して設計されていないので水中撮影や激しい動きを伴う撮影には適していません。

その点、アクションカメラはアクティブシーンはもちろんのこと、通常の風景撮影や自撮り等、全てシーンで撮影することが可能です。

最新のアクションカメラであれば、解像度も4Kでの動画撮影ができますし、タイムラプス撮影やスローモーション等の撮影も可能なので、基本的な機能であえば十分に高性能と言えます。

性能よりもあらゆるシーンでの撮影がしたいという方はアクションカメラの方がコスパの点を鑑みても適しているのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なるべく完結に書こうと思ったのですが、簡単にまとめるだけでも長くなってしまいましたね。。

ということで、最後に改めて本記事の内容をまとめておきます。

本記事のまとめ

  • もっとも重要な判断基準は自分が撮りたいシーン等の用途
  • スポーツ等のアクティブシーンの撮影をしたいならアクションカメラ
  • プロのような本格的な写真や動画が撮影したいなら一眼レフやミラーレス
  • コスパ的にはアクションカメラの方が高い
  • 一眼レフやミラーレスを購入しても写真の出来を大きく左右するのはレンズ
  • あらゆるシーンの撮影をしたいならアクションカメラ

こんな感じでしょうかね。

アクションカメラ、または一眼レフやミラーレスカメラどちらにしても、カメラの楽しさは同じだと思いますし、スマートフォンではなかなか撮影できないような写真が撮れるという意味ではどちらもとても魅力だと思うので、じっくり検討して判断してみてください。

この記事が少しでも迷っている方の判断材料になれば嬉しいです!

それでは、今回はここまで!また!

【c】GoPro
GoPro Hero7 Black

GoPro

※Amazonでお買い物をする場合はプライムに入会してAmazonカードで購入すると2%のポイント還元があります。

ソニー ミラーレス一眼カメラ「α6500」ボディSONY ILCE-6500

Amazonでお買い物をする場合はプライムに入会するととてもお得です。

シェアありがとうございます!

タグ
GoPro Hero7

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です