シェアありがとうございます!

【トリクル 】の評判はどうなのか?実際に利用してみた感想

 「この服いらないんだけど売れないかな?」、「メルカリで売ってみようかな。でも面倒臭いな。。」

 大抵の人はこのようなことを考えたことがあるのではないでしょうか?知らず知らずのうちに増えていく洋服や本、はたまた使わなくなった雑貨や家具など、様々なものがあると思います。

 特に、実際もう使わないんだけど捨てるにはもったいないなというものって結構ありますよね。そして捨てるに捨てきれずずっと収納の中で眠っているなんてことも。。今では、メルカリやCASHなどのサービスを使って簡単にお金に変えることができるようになってきましたけど、CASHはなんでも買い取ってくれるわけではないし、メルカリはやりとりや発送がすごく面倒だったりします。

 今回は、そんな行き場を失った物たちを引き取ってくれて、さらに出品代行までしてくれるという最近評判のサービス「トリクル」を実際に利用してみたのでレビューも兼ねて紹介したいと思います。

売りたいものを取りに来てくれる『トリクル』とは?

 トリクルというサービスを知ったのは、Twitterで誰かがツイートしていたことがきっかけでしたが、いわゆる『出品代行サービス』というものです。どういったサービスなのか簡単にまとめると、

出品代行サービス「トリクル」とは?

  • 予約1つで売りたいアイテムを無料で全て(対象外製品あり)取りにきてくれる
  • 代わりに売ってくれて、売れなかった場合も買取もしくは処分してくれる
  • 売れた場合は金額の7割が支払われる(送料別)

 というサービスで、とりあえず面倒なことを一手に引き受けますというすごくシンプルなサービスです。

 確かに『実際使わないけど捨てるにはもったいない、メルカリ等のフリマアプリで売るにしてもやりとりが面倒。』という需要ってめちゃくちゃありますよね。あまり物を持たない自分でも結構あるくらいですからね。特に売りたいものが大量にある場合なんてひとつひとつ写真撮って説明文書いてなんてやってたら日が暮れてしまいますもんね。その面倒なことを全部やるんで手数料下さいというシンプルなビジネスモデルでありながら、なぜか今までなかったある種画期的なサービスですね。

実際に集荷依頼を出してみる

 そんなトリクルですが、あまりの需要の多さからサービスを立ち上げてからしばらく集荷依頼ができない状態だったのですが、最近になってやっと体制が整ったのか集荷依頼ができるようになったので、早速集荷依頼を出してみました。

 集荷依頼の手順も実に簡単でトリクルのサイトにアクセスして集荷可能な日を選択して電番番号と住所を登録するだけで予約完了になります。

集荷予約が可能な日を選択

電話番号入力

※電話番号を登録すると認証メールが届きます。

住所入力

※認証メールに記載の認証コードを入力する必要があります。

 これで集荷依頼の予約は完了なので、あとは取りに来てくれるのを待つだけです。

 このタイミングで実際にどのような物を取りに来て欲しいのか登録する必要はないんですね。

集荷して欲しいもの

 ちなみに、今回の集荷で取りに来てもらいたいものはこちら。

 まずは、必要がなくなった本ですね。処分してもよかったのですがどうせなら一緒に持って行ってもらおうということで。

 それからサーモスのシャトルシェフ。ほとんど使わずじまいだったので、こちらも集荷してもらいましょう。

 そして、最後にちょっと大きめのFrancFrancのローテーブル。これは子供が産まれてから使わなくなり一回メルカリに出したのですが、ガラス製品ということでヤマトが配送してくれず処分に困っていたくせ者です。果たしてこれも持って行ってくれるのか?今回、一番持って行って欲しいメインの物になります。

集荷当日

 そして集荷日当日。道路状況が混雑しており、指定した時間から多少遅れましたが実際にトリクルのTシャツを着たスタッフの方が取りに来てくれました。たぶんアルバイトの方ですかね。

 まず、集荷して欲しいアイテムをチェックして集荷できるかどうかを確認されます。それから免許証等の本人確認書類を撮影されて職業を聞かれて終わりでした。あっという間です。

 結果としては、本とサーモスのシャトルシェフは集荷してくれましたが、FrancFrancのローテーブルは集荷不可能ということでした。ガラスだからダメなのか大きてダメなのかわかりませんが、基本的に車に入るものであればなんでも持って行くとサイトに記載されてあるので、大きさ的にNGだったんでしょうかね。少し期待していただけに残念な結果となってしまいました。。これを一番持っていって欲しかったんだけどな。。しょうがない、取りに来てくれる方限定でまたメルカリに出してみるかな。。

集荷された物は商品一覧で確認できる

 実際に集荷してもらった商品は、次の日にはマイページの商品一覧にしっかりと登録されていました。

 『売上0円』というのが悲しいですね(笑)

 実際に売れたとして、振り込み等はどうなるのかわかりませんが、それは実際に売上が発生してからまた確認したいと思います。

試してみてわかったこと

 実際、今回トリクルというサービスを使ってみて感じたことは、やはり自分でメルカリ等で出品する際の面倒な処理を全部やってくれるのでかなり便利だと思います。またメルカリ等では見ず知らずの人に住所等の個人情報を開示するリスクもあるので、その点においてもトリクルにはメリットがあるように思えます。

 まあ、断捨離する際にはもってこいのサービスですね。どうせ処分するならトリクルに集荷してもらった方が売れるかもしれないので依頼した方がいいでしょうね。ただし、自分でメルカリ等のフリマアプリやオークションに出品するのが面倒ではない方は手数料が無駄になってしまうので、自分で出品して販売したほうがいいです。

 あと、個人的に感じた難点はやはり今回ローテーブルが集荷してもらえなかったように、物によっては集荷NGかどうかの境界線が曖昧なものがあるという点ですかね。こういった少し判断が難しいものに関しては事前に問い合わせをしたほうがいいかもしれません。

まとめ

 ということで、今回はいらないものを無料で取りに来てくれて出品までしてくれる便利なサービス『トリクル』を実際に使ってみたので、レビューを含めて紹介させていただきました。

 とてもシンプルで便利なサービスなので、いらない物がいっぱいあって断捨離に困ってるという方はトリクルに取りに来てもらってはいかがでしょうか?個人的にもまたいらないものが出てきたら利用しようと思います。

 しかし、断捨離もお金になる時代ですね〜

 それでは今回はここまで!また!

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です