シェアありがとうございます!

アヤナリゾートのキシックバー&グリルでシーフード料理を堪能! | バリ島旅行記#15

 こんにちわ、すっかりバリ島に魅力されてしまい日本に帰りたくなくなっておりますが、前回のロックバーの記事(下記関連記事参照)でも少しだけ触れた通り、今回はアヤナリゾートの「キシックバー&グリル(以下キシックバー)」について紹介したいと思います。

アヤナの「キシックバー&グリル」とは?

 キシックバーとはアヤナリゾートのロックバーの隣にあるレストランになります。ビーチ沿いにあるのでバリ島の最高のサンセットを見ながら新鮮なシーフード料理が堪能できることから、ロックバーやダヴァなどのレストラン同様とても人気のあるレストランです。

「キシックバー&グリル」の営業時間やアクセスは?

 キシックバーの営業時間は17:30〜23:00までとなっており、アヤナのメインロビーからアクセスすることができます。ちなみに、行き方は2パターンありロックバーのゴンドラを使って行く方法と階段で行く方法があります。個人的には結構階段がきついのでロックバーが空いていればゴンドラに乗って行ったほうが楽でおすすめです。まあ、ロックバーは大概混雑しているので時間的には階段で行った方が早いと思います。

予約は必要?

 キシックバーは人気店ということもあり、予約はなるべくした方が良いと思います。僕たちも初日に飛び込みで行ったら満席で入店することができませんでした。

 なお、予約に関してはフロントスタッフに頼めばしてくれるので頼みましょう。

海鮮料理は自分たちでオーダーしに行く

 キシックバーのシステムはお酒などのドリンクは担当のスタッフの方がオーダーを取りに来てくれますが、シーフード料理に関しては調理しているところへ自分たちで行きオーダーするシステムになっています。

 オーダーする場所に行くと下の写真のように新鮮なお魚たちがディスプレイされてあり、メニューもあるので好きなものをオーダーするかたちになります。ロブスターやカニに関してはグラムでの料金になるので、その場でおばちゃんが測ってくれて値段を教えてくれます。

 トロピカルなお魚たち。

 海老や牡蠣。

 ロブスター。

 メニュー。

ロブスターとツナを堪能

 オーダーをすればあとはテーブルに戻ってサンセットを見ながら待っていればスタッフの方が持って来てくれます。

 絶景のサンセット。

 なお、今回オーダーしたのはロブスターとツナとイカのフライ。実は、キシックに来る前にロックバーでつまみながら飲んでいたのでそこまでお腹が減っていなかったので食べれる範囲に抑えました。それでも食べきるのが結構きつかったです。。

 ロブスター。

 イカフライ。

 ツナステーキ。

 もっと食べたいものがあったので、お腹を少し膨らした状態で来てしまったのを後悔しましたが、担当スタッフの方もとてもフレンドリーで丁寧で、また安定のサンセットを楽しめ、料理も美味しくとても良かったです!

まとめ

 ということで、今回はアヤナリゾートの「キシックバー&グリル」を紹介させていただきました。

 バリのサンセットを眺めながら食べるシーフード料理は最高です!

 機会があれば是非訪れてみてください。

 それでは今回はここまで!また!

ホテルを格安で予約するならこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。大人になってもずっと遊んでいたい人。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です