シェアありがとうございます!

バリ島の良いところ悪いところ、特徴をまとめてみた【バリ島旅行記#1】

 こんにちわ。東京は梅雨も明けて本格的な夏の始まりですね。そんな日本の夏にも負けず劣らずの常夏リゾート、「バリ島」に今年の9月家族旅行で行くことになったので、今回からバリ島旅行記を書いていきたいと思います。

そもそもバリ島ってどんなところ?

 まず第一回目は「そもそもバリ島ってどんなところ?」ということで特徴をまとめてみたいと思います。

インドネシアに属する島

 バリ島はインドネシアに属する島になります。バリ島はインドネシアの首都「ジャワ島」のすぐ東側に位置しており、公用語もインドネシア語になります。ただし、実際の生活ではバリ語を使うことも多いようです。どちらの言語も日本人にとってはなじみがないですが、観光をする分には英語で十分のようなので、その点は安心ですね。

 また、通貨に関してはインドネシア・ルピアになり、現時点でのレートは約0.0077/1円になっています。このことからも基本的には物価の安い国になります。ただし、高級ホテルのレストランやサービスの価格は東京とあまり変わらないようです。

世界で最も人気のあるリゾート地のひとつ

 バリ島は今では世界のリゾート地の中でも最も人気のあるリゾート地の1つで、最新(2018年6月)のトリップアドバイザーの世界に人気観光地ランキングでは、「パリ」、「ロンドン」、「ローマ」という誰もが知っている世界的な観光地に続き第4位にランキングされています。ということはリゾート地としては、現在最も人気のある観光地ということになりますね。

完全にリゾート観光地として出来上がっている

 世界には多くのリゾート観光地がありますが、バリ島の良さは美しい海や自然も含めて完全にリゾート観光地として完成しているところにあると言われています。ショッピングをしたいのであればクタやレギャン地区に行けばショッピングモールなどがあり十分に楽しむことができますし、ホテルに関してもリッツカールトンやフォーシーズンズ、アヤナリゾートなどの高級ホテルから格安ホテルまでたくさんのホテルがあります。また、バリ島の民族的なダンスや装飾品など文化的な面を味わうこともでき、様々の観点から楽しむことができるのは大きいですね。

食べ物は日本でも馴染みが深い。 しかし、水には要注意!

 バリ島の食べ物は、基本的にインドネシア料理になり、日本でも馴染みの深い「ナシゴレン」や「ミーゴレン」など東南アジアテイストの料理になります。東南アジア料理が好きな方にとっては食べ物も楽しみの1つですね。逆にあの独特なスパイシーな感じがダメな方もいるかと思いますが、ホテルに日本料理等をはじめ様々なレストランもあるので、ホテル等に滞在する限り食べ物に困ることはないようですね。ただし、海外旅行のあるあるのですが、水に気をつけないとお腹を壊すことがあるので基本的にはミネラルウォーターを頼んだり、ジュース等でも氷抜きのものを飲むようにする必要があるようです。

女性にとっては魅力的すぎるエステ

 そんなバリ島ですが、女性にとって見逃せないのが格安で受けられる極上のエステやマッサージですね。日本では考えられない値段で最高のエステが受けられます。例えば日本人に人気のあるエステ店フランジパニでは、日本円で15,000円ほどで5時間の食事付きエステサービスが受けられます。男の自分にとってはあまり実感がありませんが、かなり格安みたいですね。他にも多くのエステ・マーッサージ店があり、各店それぞれの特徴があるので、自分の好みで選ぶことができます。また、少し値段は上がりますが高級ホテル等にも付属のスパサービスがありますので、そちらも試してみるといいですね。

サーフィンのメッカでもある

 さらにバリ島は、サーファーにとっての聖地の1つでもあります。バリ島はハワイと並び世界でも有数の良い波がくるということで有名で、多くのサーファーがサーフトリップでバリ島に行きます。また、サーフィンの世界大会も頻繁に行われており、ハワイ同様サーフィンのメッカとして知られています。

とにかく蚊が多い

 良いところの多いバリ島ですが、逆にあまり嬉しくないこともあります。バリ島を訪れたことがある人が口を揃えて言うのが、とにかく蚊が多くて大変ということですね。しかも、バリ島の蚊は日本の虫除けスプレーではあまり効果がないと言われるほど強力なので、現地の虫除けスプレー等で対策が必要と言われています。

まとめ

 ということで、9月にバリ島へ旅行に行くことになったので、今回はバリ島の特徴を簡単に纏めてみました。また実際に行ったときの様子やレビュー等もこれからこの「バリ島旅行記」でバンバン上げていきますので、興味のある方はみてください!

 それでは今回はここまで!また!

この記事のまとめ

  • バリ島に行くことになったので、バリ島の特徴をまとめてみた
  • エステやサーフィン等も楽しめ、リゾート地として完成されている

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です