シェアありがとうございます!

子供も大丈夫!アヤナリゾートのロックバーを満喫!予約は必要? | バリ島旅行記#14

 初のバリ島旅行も残りわずかとなってきましたが、もうずっとバリにいて毎日サーフィンしてサンセットみながらビンタンビールを飲むような生活をしたい気持ちでいっぱいになっております(笑)。バリ最高ですね!

 さて、リンバジンバランに滞在しているのですが、やはりアヤナリゾートと言ったら一番人気のロックバーですよね!せっかくアヤナにいるわけですからロックバーのサンセットを見ておかないとバリに来た意味がないということで、子連れファミリーで行って来ました!

 そこで、今回はその時の様子も含めてロックバーに関して紹介したいと思います。

アヤナの「ロックバー」とは?

 ロックバーとはアヤナリゾートにある断崖絶壁クリフトップに建つ野外バーで、バリ島の名所の1つとなっており大人気の観光スポットです。そのため、アヤナやリンバジンバランに宿泊していない方も大勢訪れ、場合によっては入場規制も掛かるほどの人気ぶりです。

 このロックバーは2015年にリッツカールトンやフォーシーズンズ等のスーパーラグジュアリーホテルのデザインも手がけるデザインスタジオ・スピンの日本人デザイナー小市泰弘氏によって改築され、新たにDJブースが設置されたラウンドデッキが設けられるなど、ますますその魅力に磨きがかかっています。

 ランドデッキいいですね!いつか入ってみたいですね。

ロックバーの営業時間や食べ物は?

 ロックバーの営業時間は基本的には16:00~24:00(金土日は1時まで)となっており、ビールやカクテル、ソフトドリンクなどの飲み物とスナックやフレンチフライ等の軽食を食べることができます。

 最高のロケーションで飲むビンタンビールは暑さも相まって本当に美味しいです。

 ただのポテチなんでしょうけど、ロケーションが良いとなぜかいつも以上に美味しく感じますね(笑)

 軽食のメニューもこのような感じでハンバーガーなどいろいろ。

 また、サンセット後の19:00〜23:00までは地中海料理を楽しめる「ロックバー地中海ディナー」も営業しており、抜群のロケーションでバリの満点の星空を眺めながらシーフード料理を楽しむことができます。

予約は必要?

 連日たくさんのお客さんで賑わうロックバーなので、予約した方が無難だと思うかもしれませんが実はロックバーの予約は少し複雑になっています。

 まず、予約に関してはアヤナ(ヴィラ含む)とリンバジンバランに宿泊している方のみ可能となっており、16:00〜17:00のサンセットタイムに関してはホテル到着後から当日14:00までしか予約ができません。つまり、日本にいる時からあらかじめ予約することは不可能となっています。

 ただし、サンセットタイムに関しては早く行けば特に予約は必要ないかと思います。なぜなら僕らは予約をしていなかったのですが早めに行ったら宿泊者の中では一番最初に入店することができました(笑)。ただし、トップデッキなどの席が良い等の希望があれば予約をしたほうがいいのかもしれません。

 なお、19:00〜23:00までのロックバー地中海ディナーに関しては到着前からの予約が可能となっているので、ディナーを希望の方はあらかじめ予約しておいた方が良いと思います。

子供の入店の可能

 ロックバーはバーということで基本的に大人が軽食をつまみつつお酒を飲みながらサンセットを楽しむところですが子供の入店も可能です。もうすぐ3歳になる娘連れでも特に何も言われることなく入店できました。

 娘っ子も綺麗な景色を楽しんでいる様子(笑)

 ちなみに、サンセットタイムの時間は日差しが強くとても暑いので、子連れの場合は熱中症にならないように帽子は必ず持参し、水分補給にも気をつけた方が良いと思います。

服装は結構自由?

 ロックバーには一応ドレスコードの規定があるらしく、水着やサーフパンツ等での入店はお断りしているようですが、特にフォーマルな格好である必要はなくカジュアルで全然大丈夫で、ショートパンツにビーチサンダルのお客さんもかなりいました。

 一応ジーンズにスニーカーで行ったのに拍子抜けしちゃいましたね(笑)

宿泊者は優先的に入店できる

 このロックバーは冒頭でも少し触れましたが、人気観光スポットということもあり外部のお客さんも多く訪れます。そのため混雑するのですが、アヤナやリンバジンバランに宿泊していれば優先的に入店させてもらえるので、ディナーをしないのであれば予約せずに入店できると思います。

 ただし、優先的に入店できるとは言えオープンの16:00には多くの人が列を作るような状況になるので、予約なしの場合は余裕を持って早く行きましょう。

 どのくらい余裕を見ればいいかというと、あくまで参考ですが僕らは30分程余裕を持って15:30くらいに行きました。その時点ですでに外部のお客さんは結構並んでいたのですが、宿泊者の人はまだ誰もおらず自分たちが一番でした。

 ちなみに、入店待ちの列は宿泊者用の優先レーンと外部のお客さんの2列あるのですが、どちらが優先レーンかわからない場合は、エントランスに下の画像のような受付があるのでスタッフの方に聞けば優先レーンを教えてくれます。

 今回は宿泊者の優先レーンが下の写真の右側でした。この写真はフロントを背にして撮った写真なのでロックバーに向かって左側が宿泊者用の優先レーンになります。

いよいよ入店

 さて、待つこと30分いよいよオープンです。優先レーンの一番先頭だった自分たちは一番乗りで入店。逆にお恥ずかしい(笑)

 ロックバーに向かって崖沿いへ歩いて行きます。

 ゴンドラの前でスタッフの方がお出迎え。

 ゴンドラに乗っていざロックバーへ。

インスタ映えするサンセットビュー

 さあ、いよいよロックバーです。上でも紹介した通り、サンセットタイムのロックバーでは軽食とドリンクを楽しむことができます。

 自分はもちろんビンタンビールをグビグビ。日差しが強く汗が吹き出すのでビールがどんどん進んじゃいますね。

 そしていよいよサンセットタイムです。この時間になるとお客さんは皆パシャパシャ写真を撮りだします。自分も負けじとインスタ映えを狙ってきました。

 ビンタンビール越しのサンセット。

 カクテル越しのサンセット。

 花びらを小道具に。

 ジャケ写にも使える?逆光シルエットショット。

 OSMO MOBILE2のモーションタイムラプスを使ってサンセットラプス。

 ちなみに、OSMO MOBILE2のモーションタイムラプス機能を使うと指定したポイントで綺麗に動きのあるタイムラプスが撮れるのでおすすめです。

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

DJI

Amazonでお買い物をする場合はプライムに入会するととてもお得です。

サンセットを満喫したあとはキシックバーへ

 さて、ビールをお供にロックバーの最高のサンセットを堪能したところで、僕らは予約していた夕食の時間が迫ってきていたので、名残惜しくもロックバーとお別れしてキシックバーへ。

 ちなみに、キシックバーはロックバーの隣にあるシーフード料理が堪能できるレストランです。キシックからもサンセットが楽しめるのでこのレストランもおすすめなのですが、この記事で紹介してしまうと長くなってしまうので、また別の記事にしたいと思います。

まとめ

 ということで、今回はバリ島の大人気スポット、アヤナリゾートの「ロックバー」について紹介させていただきました。

 いかがでしょうか?ロックバーに行きたくなりましたか?

 ロックバーの魅力をなんとかうまく伝えられていればいいのですが、最高のロケーションでサンセットを楽しみながら飲むビールは最高ですよ!

 機会があれば是非訪れてみてください。

 それでは今回はここまで!また!

ホテルを格安で予約するならこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。大人になってもずっと遊んでいたい人。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です