シェアありがとうございます!

聖地バリ島でサーフィン!おっさんサーファー波に揉まれる | バリ島旅行記#11

 天候も人もご飯も最高のバリ島を満喫中ですが、今日はバリ島と行ったらサーフィンということでおっさんビギナーサーファーはクタビーチにサーフィンに行ってきました。

サーフィンの聖地バリ島

 サーファーの方からしたら当たり前のことですが、実はバリ島はハワイと並びサーフィンの聖地と言われており、WCTやJPSA等の大会も開催されて世界中から多くのサーファーが集まります。

 また、上の写真のような美女もたくさんいます(笑)。

 サーフポイントも名所である「ウルワツ」をはじめ「クラマス」や「エアポート」などローカルのポイントを含めるとたくさんのポイントが存在しており、ビギナーから上級者まで最高の波乗りを堪能することができます。

 そんな聖地でせっかくのサーフィンですから、やっぱりウルワツだよねということで早速行きたいところですけど、おっさんサーファーは下手くそなのでビギナーにも優しいクタビーチへGOです(笑)

バリ島サーフィンはガイドがいると安心

 ちなみに、バリ島に慣れたサーファーは自分たちでポイントまで行くことも全然可能なんでしょうけど、バリ島初上陸の自分はバイクの運転も怖いしサーフィンも下手くそなので、千葉のショップの店長にご紹介いただいたサーフガイドを日本から予約しました。

 紹介してもらったサーフガイドは、バリ島のサーフガイドではとても有名なKinaさん。代表のキナさんは奥様が日本人ということもあり日本語もペラペラで、時間に対しても正確で日本人に大人気のサーフガイドになります。多少遠くてもホテルまでの送迎もしてくれますし、サーフィン以外の観光ガイドもしてくれます。さらに、キナさんは日本語を話せるだけでなく読み書きも出来るので日本にいる時からメールでやりとりが出来るので安心して日程の調整ができます。

 下の画像のようにグループでのご利用も全然可能とのこと。

日本語ペラペラのミヤ君

 今回、実際にガイドしてくれたのは代表のキナさんではなくスタッフのミヤ君。

 22才の若者ですが日本語もペラペラでサーフィンだけでなくマリンスポーツ全般のガイドもしてくれます。気も効くしノリも良くてすぐ仲良くなれる最高の野郎です。

クタビーチで波に揉まれて指輪をなくす

 ということでガイドのミヤ君に連れられてクタビーチへ。

 クタビーチはビギナーから上級者でも楽しめるポイントで多くの観光客がサーフィンをしています。

 写真の通り、雰囲気もリゾート感があって良いですね。ボードも至る所でレンタルしているのでフラッと訪れた場合でも波乗りできますね。またシャワーもあるので女性の方も多いですね。

 さて、肝心のサーフィンですが今日は波も結構高くてまずまずのコンディションでとても楽しめたのですが、おっさんにはゲッティングアウトするのも結構大変でもう体がバキバキになりました。さらに結婚指輪をしたままだったのですが、バリの綺麗な海に流れて行きましたね。。嫁さんに怒られるかと一瞬ゾッとしましたけど、嫁さんも無くした経験があったので怒られずに済みました(笑)

サーフィンの後は観光ガイド

 初のバリ島サーフィンを堪能したあとは、ミヤくんに嫁さんが行きたいスーパーマーケットやクタの町をガイドしてもらいました。バリ島の交通事情は行ったことがある方なら分かると思いますけどカオスです(笑)。割り込み上等、クラクションなりっぱなしみたいな感じです。免許を取得すれば運転もできるようですけど、バリ島の街中を観光したい場合はガイドしてもらうかチャーターするのがおすすめです。

まとめ

 ということで、今回は初めてサーフィンの聖地バリ島で波乗りを経験させていただきました。楽しかった反面もっとうまくなりたいという気持ちがさらに強くなりましたね。日本でもっと練習しようと。。

 また、バリ島でサーフガイドをお探しの方はキナサーフガイドミヤくんはとてもおすすめなので是非検討してみてくださいね!

 それでは、今回はここまで!また!

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です