シェアありがとうございます!

Amazonユーザーには必須!【Amazonカード】

 こんにちわ、明日久々にスノボに行くことで少しテンション高めでございます。さて今回は、娘のおむつもAmazonで定期購入するほどのAmazonユーザーである自分が「Amazonカード」を作ってみたところ、とてもお得だったので紹介したいと思います。

Amazonカードとは?

 Amazonカードとは、Amazonと三井住友が提携して発行しているクレジットカードになり、「Amazonクラシック」と「Amazonゴールド」の2種類のカードがあります。

 僕がAmazonカードをおすすめする最大の理由はポイント還元になります。

ポイント還元

 そもそも通常Amazonで買い物をする場合、まれにポイントが還元される商品もありますが、ほとんどの商品はポイント還元がないのが実情です。そのせいでAmazonではなく楽天で購入するという方もいるかと思いますが、このAmazonカードを使えば、購入ごとに1.5〜2.5%のポイントが還元されます。これはAmazonユーザーにとってはとても大きなメリットになります。さらに、Amazon以外の利用でもAmazonポイントがつくなどの様々なメリットがあるのですが、カードの種類によって少し内容が異なってきますので、少し詳しく紹介していきます。

Amazonカードにはクラシックとゴールドがある

Amazonクラシック

 Amazonクラシックカードとは、所謂ベーシックなクレジットカードになります。アメックスで言えばあの緑色のカードですね。このカードの最大の特徴は年会費になります。利用の有無に関わらず初年度は無料。2年目以降も前年度に1度でもこのカードで買い物をすれば年会費は無料になります。僕のようにAmazonでよく買い物をするユーザーからすれば実質年会費は無料ですね。

 さらにポイント還元率もプライム会員なら2%という高い還元率なので、これだけでもすでにプライム会員の方は加入必須でしょう。

ポイント還元率(Amazon) 2%(プライム会員) ※非プライム会員は1.5%
ポイント還元率(Amazon以外) 1%
年会費 初年度無料。2年目より1,350円(前年度1回以上の利用で無料)
旅行損害保険 なし
空港ラウンジサービス なし
ETCカード 年会費540円(初年度無料。2年目以降も前年度1回以上の利用で無料)

Amazonゴールド

 次に、Amazonゴールドカードになりますが、こちらはAmazonクラシックと違い、旅行損害保険や空港ラウンジの利用サービスがついてきます。クラシックとの大きな違いはポイント還元率と年会費になるのですが、年会費は10,800円と少し高額になります。ただし、「マイペイすリボ」というリボ払いサービスと「WEB明細書サービス」に加入すれば、6,480円の割引になるようです。さらに、Amazonゴールドに加入すれば、プライム会員費が無料になるので、すでにプライム会員の方だとプライム会員の年会費3,900円が割り引かれる形になるので、実質下記のようになります。

10,800円 – 6,480円 – 3,900円 = 420円

 420円!こう考えると安いですね。ただし、これを実現するためには悪名高きリボ払いに加入しないといけないので、個人的にはAmazonゴールドはあまりおすすめできません

ポイント還元率(Amazon) 2.5% ※非プライム会員は1.5%
ポイント還元率(Amazon以外) 1%
年会費 10,800円(リボ払いなどに加入すれば割引あり)
旅行損害保険 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
空港ラウンジサービス 全国主要空港のラウンジ無料で利用可能
ETCカード 年会費540円(初年度無料。2年目以降も前年度1回以上の利用で無料)

こんな人はAmazonゴールドがおすすめ

 Amazonゴールドはあまりおすすめしないと言いましたが、もちろん例外もあります。そこでこんな人はクラシックよりゴールドのほうがおすすめだよという条件を考えてみました。

 なお、比較する対象ユーザーはプライム会員とします。また、Amazon以外での買い物は考慮しません。

Amazonの年間購入総額が138万円を超える人

 クラシックとゴールドの大きな違いは、先ほども触れたようにポイント還元率と年会費になり、それぞれの差は以下のようになります。なお、ゴールド会員はプライム会員費が無料になるので、プライム会員の年会費39,00円を引きます

  • ポイント還元率の差は0.5%(※クラシックユーザーはプライム会員)
  • 年会費の差は6,900円(※プライム会員費3,900円割引)

 そうすると、単純に年会費の差額6,900円をポイント還元率の差0.5%でカバーできればいいわけです。では、実際にどのくらいの買い物をすればいいかというと次の計算式で求められます。

6900 ÷ 0.005 = 1,380,000

 つまり、1年間に138万円以上Amazonで買い物をする方は年会費の差額を考慮してもゴールドの方がお得ということになります。

 僕もAmazonでよく買い物をすると言っても、さすがにここまで買い物はしません(笑)。こう考えると、相当なヘビーユーザーかお金持ちの方以外にはクラシックの方がお得だと思います。

 もちろん、ゴールドにはその他、海外旅行損害保険や空港ラウンジのサービスがつきますので、総合的に考えて各自判断してください。

新規登録時にポイント付与あり

 Amazonカードの大きなメリットは、ポイント還元だけではなく新規登録時に最大で5,000ポイントが付与されるという特典もあります(2018年2月現在)。

 ※キャンペーンの内容やポイント数は予告なく変更されるので注意してください。

申し込む際は必ず画面キャプチャや日時を保存しておく!

 Amazonの口コミにもあるのですが、申し込みページには5,000ポイント付与と記載されているのに実際には2,000ポイントしか付与されないというケースが多発しているようです。実際に自分も申し込み時に5,000ポイント付与と記載されていたのに、実際には2,000ポイントしか付与されませんでした。。 そういった場合は、その旨をサポートに問い合わせてみましょう。自分の場合は問い合わせてみたところ、残りの3,000ポイントはクーポンとして発行してくれました。こういったトラブルがあった場合のために申し込み時にはしっかりと付与されるポイントを確認し、さらにそのページのスクリーンキャプチャや申し込み日時を保存しておきましょう。

端数(小数点)は切り捨て

 ちなみに、Amazonカードのポイント還元はパーセンテージなのですが、先ほどの新規登録時のポイント付与について問い合わせた時についでに聞いてみたところ、端数(小数点)は切り捨てのようです。ということは、100円以下はポイントがつかないということになるのかと思います。

まとめ

 ということで、今回はAmazonユーザーには必須のクレジットカード「Amazonカード」を紹介させていただきました。自分はプライム会員で娘のおむつとかもAmazonで定期購入しているので、Amazonの買い物でポイントがつくのはとてもありがたいんですよね。もっと早く申し込んでおくべきでした。AmazonカードはAmazon以外の買い物でもポイントがたまるので、これからはAmazonカードをメインカードにしたいと思います。

 それでは今回はここまで!また!

この記事のまとめ

  • Amazonカードに申し込んでみたら、とてもお得だった
  • Amazonユーザーは絶対に持っておくべきクレジットカード

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。大人になってもずっと遊んでいたい人。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です