秘密鍵(ssh)を生成してBitbucketに登録する方法

 どうも、こんにちわ。

 今回は、いつも忘れてしまうので備忘録として、日頃重宝しているgitのホスティングサービスであるBitbucketに秘密鍵を生成して登録するまでの方法を紹介したいと思います。

環境

 なお、今回の環境は下記の通りとなります。

今回の環境

  • macOS Mojave バージョン10.14

 ちなみに、まだBitbuckeアカウントをもっていない方はこちらから作成できます。

秘密鍵を生成する

 それでは早速秘密鍵を生成していきたいと思います。

.sshディレクトリに移動

 まずは、.sshディレクトリに移動します。

ssh-keygenコマンドで秘密鍵を生成する

 次に下記のフォーマットで秘密鍵を生成します。

 例としては下記コードのような感じ。

パスフレーズの入力

 上記コマンドを実行するとパスフレーズが求められますので、2回パスフレーズを入力します。

秘密鍵の確認

 問題なければ先ほど指定したファイル名で秘密鍵が生成されていると思うのでlsコマンド等で確認しておきます。

Bitbucketに秘密鍵を登録する

 秘密鍵を生成したら、Bitbucketに登録していきます。

秘密鍵の内容をコピー

 まず、先ほど生成した秘密鍵をcatコマンド等で開き内容をコピーしておきます。

BitbucketにログインしてSSH鍵ページへ

 続いて、BitbucketにログインしてSSH鍵を追加するページへ行きます。

 SSH鍵ページには、「アカウント」→「設定」→「SSH 鍵」の手順で行くことができます。

鍵を追加する

 続いて、下の画像の赤枠で囲ったボタンをクリックします。

 下のウィンドウが開いたら「Label」に適当な名前を指定して、「Key」の欄にさきほどコピーした秘密鍵の内容を貼り付け、「鍵を追加」ボタンをクリックします。

 これで秘密鍵を登録することができました。

パーミッションが拒否される場合

 上記の流れで秘密鍵の登録は完了です。あとは実際にpushやpullなどして正常に動作するか確認してください。

 状況によって、下記のように鍵へのアクセスが拒否される場合があります。

 その場合は、.sshディレクトリ内のconfigファイルに下記の内容を記述することで解消されるかと思います。

 なお、上記の「id_rsa_example」部分は作成した秘密鍵のファイル名に合わせてください。

まとめ

 ということで、今回はいつも忘れてしまう秘密鍵を生成してBitbucketに登録するまでの流れを備忘録を兼ねて紹介させていただきました。

 今回はここまで!また!

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革

大塚 弘記

Amazonでお買い物をする場合はプライムに入会するととてもお得です。

お仕事のご相談・ご依頼
お気軽にお問い合わせください!

お仕事の依頼はこちら

シェアありがとうございます!

タグ
bitbucket git

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の拠点にサーフィンとスノーボードが好きなフリーランスのWebクリエイターです。普段はプログラム書いたりデザインしたり映像作ったりしています。いろいろな人の話しを聞くのが好きなので、このブログを通して多くの人と繋がりが出来たら嬉しいです。noteとInstagramもやっているのでフォローしてくれたらありがたいです!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です