LaravelでController等のファイルを更新しても反映されない時に対処法

 どうも、こんにちわ。

 以前、Laravelで.envファイルを更新しても反映されない時の対処法を下記の記事で紹介させていただきましたが、今回は.envファイルだけでなくControllerファイル等その他のファイルも含めて更新が反映されないときの基本的な対処方を紹介したいと思います。

 なお、Laravelとはなんぞやという方は下の記事を参照してください。

環境

 なお、今回のLaravel環境は以下の通りとなります。

今回の環境

  • Laravel 5.5

キャッシュのクリア

 Laravelはファイルを更新しても反映されない時があります。

 その原因として、まず挙げられるのがキャッシュになります。

基本的なアプリケーションのキャッシュクリア

 Laravelでは負荷軽減や高速化の目的のためにフレームワーク内部でキャッシュを保持しているので、まずはこのキャッシュをクリアしてみます。

 これでアプリケーションのキャッシュに関してはクリアされます。

Configキャッシュのクリア

 主にenvファイル等の設定値になりますが、上記の方法でも更新が反映されない場合は、念の為Config系のキャッシュをクリアしてみましょう。

Configキャッシュのクリア

 .envファイルの更新が反映されないときの対処法の記事でも紹介しましたが、上記の方法でも反映されない場合があります。

 そんな時は「bootstrap/cache/config.php」のファイルを一旦削除してみます。

ルーティング系のキャッシュクリア

 続いて、ルーティング系のファイルの更新が反映されない場合は下記のコードでルーティング系のキャッシュをクリアしてみます。

View系のキャッシュクリア

 テンプレートにあたるViewのファイルの更新が反映されない場合は、下記のコードも試してみましょう。

キーを作り直してみる

 上記の方法を全て試してもダメな場合は、キーを作り直して旧キャッシュ情報をクリアしてみましょう。

Composerをアップデートしてみる

 全て試してみてもダメなときはComposerをアップデートしてみましょう。

 例えばController系のファイルなど、一旦バックアップのつもりで頭にアンダースコアを付与してファイル名を変更したりした場合、そちらのファイルを読みに行ってる場合があります。正しいファイルを読み込ませるためにも一旦そういったファイルは削除した上で、Composerをアップデートしてみましょう。

キャッシュを作り直してみる

 ちなみに、キャッシュを丸っと作り直したい場合はComposerでオートローディングしてオプティマイズをすることで丸ごと作り直すことができます。

まとめ

 ということで、今回はLaravelのファイルを更新しても反映されないときの基本的な対処法をまとめてみました。

 高速化や負荷軽減などに役立つキャッシュですが、時としてその便利さが逆に働く場合があります。

 そんな時は、上記の方法を一旦試してみると解決するかもしれません。

 それでは、今回はここまで!また!

お仕事のご相談・ご依頼
お気軽にお問い合わせください!

お仕事の依頼はこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です