MacにNode.jsをインストールする方法

 こんにちわ、最近仕事でバタバタしており時間が足りない今日この頃です。。

 さて、以前XserverのNode.jsをインストールする方法(下記関連記事)を紹介したのですが、Mac版も備忘録を兼ねて紹介したいと思います。

Node.jsと?

 そもそも、Node.jsとはなんぞやというと、サーバーサイドの処理もできるように拡張されたjavascriptでフロントもサーバーサイドもjavascriptで記述できるという優れものです。

Homebrewをインストール

 ということで早速Node.jsをMacにインストールしていきます。

 まずは、Macのパッケージマネージャー「Homebrew」をインストールします。既にインストールされている方は飛ばしてください。

 インストールは、Homebrewの公式サイトに記載されてあるスクリプトコードをコピーしてターミナルに貼り付けて実行します。

 ちなみに、現時点(2019年3月現在)のコードは下記。

 インストールが完了したら、下記コードでバージョン確認をしてバージョンが表示されれば無事インストール成功ということになります。

nodebrewをインストール

 Homebrewのインストールが完了したら、続いてnodebrewをインストールします。

 nodebrewとはNode.jsのversion管理ツールになります。nodebrewをインストールしておくことで容易にNode.jsのバージョンを変更できたりするのでインストールしておくと便利です。

 インストールが完了したら、Homebrewの時と同じようにバージョン確認をして、無事インストールされているか確認します。

 バージョン名が表示されればOKです。

nodebrewのディレクトリを作成する

 続いて、Node.jsをインストールしていくのですが、その前にnodebrewのディレクトリが生成されているか確認しておきます。もし、ない場合は下記のコードで生成しておきます。

Node.jsのインストール

 下準備が済んだら、本題のNode.jsのインストールしていきます。

 下記コードで最新版のNode.jsをインストールします。

 インストールが完了したら、下記コマンドでインストールされたNode.jsのバージョンを確認します。

 最新版をインストールしたので過去にNode.jsをインストールしていないのであればバージョンは1つだけになるかと思います。

使用したいバージョンの有効化

 続いて、使用したいバージョンを下記のように指定して有効化します。今回は「v11.12.0」を指定します。

 実行したら、有効化されているか確認します。

 上記のようにcurrentに指定したバージョン名が表示されていれば有効化されています。

パスを通す

 有効化が済んだら.bashrcに下記コードを追記してnodeコマンドにパスを通します。

 上記コードの「ユーザー名」のところはご自身の環境に合わせて変更してください。

nodeを実行する

 パスを通したら、一回ターミナルを再起動してnodeコマンドが使えるようになっているか確認します。

 先ほど指定したバージョン名が表示されれば無事パスも通っていることになります。

 もし、上記で「command not found」のエラーが表示された場合はパスがうまく通っていないので.bash_profileに下記コードを追記します。

 上記を記述して保存したら、改めてターミナルを再起動させます。

npmコマンドを実行する

最後にnpmコマンドも使用可能になっているか下記コマンドを実行して確認します。

 バージョン名が表示されればOKです。

まとめ

 ということで、今回はMacにNode.js環境を構築する方法を紹介させていただきました。

 それでは、今回はここまで!また!

Node.js超入門[第2版]

オライリージャパン

お仕事のご相談・ご依頼
お気軽にお問い合わせください!

お仕事の依頼はこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の拠点にサーフィンとスノーボードが好きなフリーランスのWebクリエイターです。普段はプログラム書いたりデザインしたり映像作ったりしています。いろいろな人の話しを聞くのが好きなので、このブログを通して多くの人と繋がりが出来たら嬉しいです。noteとInstagramもやっているのでフォローしてくれたらありがたいです!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です