シェアありがとうございます!

XserverにNode.jsをインストールしてみる

 こんにちわ、まだ娘からもらった風邪が完治しないHashiです。

 さて、最近Node.js周りを勉強がてらいじってるのですが、今回は備忘録も兼ねてXserverにNode.jsの環境を構築する方法を紹介したいと思います。

Node.jsと?

 Node.jsとは、かなり簡潔にまとめてしまうと、拡張子を見てもわかる通りjavascriptになります。ただ従来のjavascriptは基本的にフロント側の処理で使う言語だったのですが、このNode.jsではサーバーサイドの処理もできるように拡張されており、フロントもサーバーサイドもjavascriptで記述できるということで多くのサービスでも導入されているとても便利なやつです。

Nodebrewをインストール

 ということでそんなNode.jsをXserverにインストールしていきましょう。

 なお、XserverにNode.jsをインストールする方法はこちらの記事がとてもよくまとめられていたので、こちらを参考に進めていきたいと思います。

 てなわけで、とりあえずXserverにSSHログインをしたら「Nodebrew」をインストール。

 wgetでダウンロード。

 セットアップ。

 パスを通す。

 パスを反映させる。

 インストールの確認。

 問題なくインストールされていればバージョン名などが表示されると思います。

Node.jsをインストール

 続いて、Node.jsをインストールしていきます。

 まずは、最新のNode.jsのバージョンを確認します。

 最新バージョンを確認したらインストール

 「Installed successfully」と表示されれば問題なくインストール完了です。

Node.jsのアクティブ化

 Node.jsのインストールが完了したら、Node.jsを実際に有効化していきます。

 まずは、インストールされたNode.jsのバーションを確認します。

 自分の場合は「v10.12.0」なので、下記のコマンドで有効化します。

 有効化したら確認。

 バージョン名が表示されれば無事有効化されています。

Node.jsのインストールが問題なく完了したら「npm」も一緒にインストールされているはずなので、下記コマンドで確認。

 バージョン名が表示されればOKです。

まとめ

 ということで、今回はXserverにNode.js環境を構築する方法を紹介させていただきました。

 それでは、今回はここまで!Hashiでした。また!

Node.js超入門[第2版]

オライリージャパン

お仕事のご相談・ご依頼
お気軽にお問い合わせください!

お仕事の依頼はこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。大人になってもずっと遊んでいたい人。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です