シェアありがとうございます!

XserverにPythonのAnaconda環境を構築する方法

 こんにちわ、本当に今年の夏は暑いですね〜。

 さて、今回はXserverにPythonのAnaconda環境を構築する必要があったので、備忘録を兼ねて紹介したいと思います。

Anacondaとは?

 Anacondaとは、Pythonそのものはもちろん多くのライブラリが詰め込まれたパッケージになります。

XserverにAnacondaにインストール

 ということで、早速順を追ってコードを書いていきましょう。

 まず、XserverではSSH接続が可能になっているのでSSHでログインして、自分の$HOME環境にPyenvをインストールします。

 ちなみに、Pythonでよく利用されるpipパッケージはroot権限が必要になり、Xserverでは使用できないのでPyenvを使用します。

Pyenvをインストール

 自分の$HOME環境にPyenvをインストール。

.bash_profileでパスを通す

 次に、.bash_profileでPyenvのパスを通します。

 下のコードで.bash_profileを開きます。

 そして、下記の記述をPATHに追加します。

 下記の記述も.bash_profileのexport後に追記します。

一旦SSHを切断

 .bash_profileで通したパスを適用するため、一旦SSHを切断して再度ログインします。

インストールできるAnacondaのバージョンの確認

 次に、実際にインストール可能なAnacondaのバージョンを下記のコードで確認します。

 ズラズラとインストール可能なライブラリが出てくるので、インストールしたいバージョンを確認します。

Anaconda3-5.1.0をインストール

 今回は、Anaconda3-5.1.0をインストールしたいと思います。

Anaconda3-5.1.0をアクティブ化

 Anaconda3-5.1.0をインストールしたら、下記のコードでアクティブ化します。

有効化されているか確認

 実際にAnaconda3-5.1.0がアクティブ化されているか確認します。

Anacondaのパスも通す

 Anacondaが有効化されたら、続いてパスも通します。Pyenvの時と同様、下記の記述を.bash_profileのPATHに追加します。

Anacondaが利用できるか確認

 最後に、下記のコードでAnacondaの動作確認をして問題なければ終わりです。

 ということで、今回はXserverにPythonのAnaconda環境を構築する方法を紹介させていただきました。

 それでは、今回はここまで!また!

入門 Python 3

オライリージャパン

お仕事のご相談・ご依頼
お気軽にお問い合わせください!

お仕事の依頼はこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です