シェアありがとうございます!

【Laravel】EloquentクエリでCONCAT関数を使う

 こんにちわ、娘が最近急に喋り出して目を細めているTakaです。さて、今回は最近多いですがLaravelネタになります。今回は複数のカラムを対象に検索をしたい場合などに使うCONCAT関数をLaravelのEloquentクエリで使う方法を備忘録も兼ねて紹介したいと思います。

 なお、Laravelとはなんぞやという方は下の記事を参照してください!

環境

 今回の環境は下記の通りとなります。

今回の環境

  • Laravel 5.5
  • MySQL 5.6.37

EloquentクエリでCONCAT関数を使う

 さて、早速コードの紹介ですが、EloquentメソッドにCONCAT関数はないので、DB::rawメソッドを使用してSQL文としてCONCAT関数を書いていきます。下記がそのコードになります。

 このコードは、datasテーブルの「familyname」と「firstname」カラムを連結させたものを対象に「山田太郎」に一致するデータを取得をしています。至って単純ですね。

 システム構築をしていると、CONCAT関数を使うケースも多くあるので覚えておくと便利ですね。

 なお、DB::rawメソッドは生クエリになるので変数を扱いたい場合等は、SQLインジェクションに注意してエスケープ処理をしてください。

 以上、今回はここまで!Takaでした。また!

この記事のまとめ

  • LaravelのEloquentクエリでCONCAT関数を使う

お仕事のご相談・ご依頼
お気軽にお問い合わせください!

お仕事の依頼はこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です