シェアありがとうございます!

【Google Home Mini】IFTTTを使ってツイートしてみる

 こんにちわ。タカです。今日もGoogle Home Miniネタになりますが、今回はGoogle Home MiniからTwitterにツイートしてみたいと思います。IFTTTを使えばとても簡単にできたので(15分くらい)、ぜひご興味のある方は参考にしてもらえればと思います。

IFTTTとは?

 Google Home Miniからツイートする場合は「IFTTT(イフト)」というWebサービスを使用します。

 「IFTTT(イフト)」とは「If, This, Then, That(もし、これなら、あれをする)」の略語になっており、簡単に説明するとsns等の様々な異なるサービスを組み合わせて連携してくれるWebサービスになります。

 例えば、Twitterで特定のキーワードやハッシュタグをツイートすると、その内容をGoogleドライブやEvernoteに保存することができる、とても便利なサービスになります。

 今回は、GoogleアシスタントとTwitterをIFTTT経由で連携させて、Google Home Miniに音声でツイート内容を呟くことで自動的にツイートするということをやってみたいと思います。

作成手順

 それでは、早速作っていきましょう。

IFTTTにログイン(登録)する

 まずは、IFTTTにログインしましょう。まだアカウントをもっていない方は登録しましょう。

 下の画像のように右上、もしくは左下のフォームから登録(ログイン)できます。

NEW Appletを作成する

 次に右上のアカウント名の箇所をクリックするとメニューが表示されるので、その中から「NEW Applet」を選択します。

Appletとは小さなプログラムのことで、一連の流れをこのAppletに登録していきます。

Googleアシスタントと連携する

 「New Applet」を選択すると下の画像のような画面になります。

画面中央に「if, this, then, that」とありますが、これは冒頭で説明した「もし、これなら、あれをする」のことになり、ここではthisの箇所に「+」マークがあるように、this(これ)の部分を登録していきます。

 thisの部分をクリックすると下の画像のようにサービス選択画面にいきます。

 TwitterやFacebookなどのサービスが表示されていますが、ここでは「Googleアシスタント」を登録していきます。

検索フォームに「Google Assistant」と入力して、Googleアシスタントを選択します。

 Googleアシスタントを選択したら、「Connect」ボタンをクリックしてGoogleアシスタントと連携します。

トリガーを作成する

 Googleアシスタントとの連携が完了したら、トリガーの登録になります。

 トリガーとは日本語で「引き金」の意味になり、ITの世界では何かの処理をする引き金のイベントのことになります。

Googleアシスタントのトリガーは下の画像のように4パターン用意されています。

  • Say a simple phrase(指定されたシンプルなフレーズ)
    このトリガーは指定された簡単なフレーズを認識してくれます。例えば「Ok,Google,みんな元気?」のように言うと、その内容を自動でファミリーメンバーにテキストメッセージで伝えてくれたりします。
  • Say a phrase with a number(数値を含む指定されたフレーズ)
    こちらは、数値を含む指定されたフレーズを認識してくれます。例えば「Ok,Google,部屋の温度は26度にして」のように言うと、指定の温度になるように、Googleアシスタントに対応しているスマート家電をコントロールしてくれます。
  • Say a phrase with a text ingredient(キーワードを含む指定されたフレーズ)
    こちらは、キーワードを含む指定されたフレーズを認識してくれます。例えば「Ok,Google,ツイッターに”おはよう”とツイートして」と言うと、Twitterに「おはよう」とツイートしてくれます。この「おはよう」の部分は好きなフレーズにすることができます。
  • Say a phrase with a both a number and a text ingredient(数値やキーワードを含む指定されたフレーズ)
    こちらは、キーワードと数値を含む指定されたフレーズを認識してくれます。例えば「Ok,Google,毎日”5時”に”アラーム”を鳴らして」と言うと、毎日5時にアラームを鳴らしてくれます。この「5」の部分と「アラーム」の箇所を好きな設定にできます。

Say a phrase with a text ingredientを作成

 今回は、Twitterにツイートをしたいので「Say a phrase with a text ingredient」トリガーを選択します。

 選択すると、入力フォームが出てくるので、そちらにトリガーとなる指定されたフレーズを登録していきます。今回は下の画像のように登録しました。

 「ツイッターで $ とツイートして」と登録することで、「$」の部分を好きなフレーズにしてツイートすることができます。

 注意点として、「$」マークのはじめと終わりに半角スペースをいれてあげてください。

 これで「this(これ)」の登録は完了になります。

Twiiterと連携する

 次に、今度は「IFTTT」の「that(あれ)」の部分を作成していきます。

 「this」の時と同じように、「+」マークのついた「that」の部分をクリックします。クリックするとサービス選択画面に行きますので、今度は「Twitter」を選択して連携します。

アクションを作成する

 連携すると、アクションの登録画面になります。

 アクションとは、その名の通り「実行」や「行動」といった意味になります。

 Twitterでは下の画像のように5つのアクションパターンが用意されています。

  • Post a tweet(ツイート)
    このアクションは指定されたフレーズをツイートします。
  • Post a tweet with image(画像付きのツイート)
    このアクションは画像付きのツイートをしてくれます。
  • Send a direct message to yourself(自分のアカウントにDM)
    このアクションは自分のアカウントにDMをしてくれます。
  • Update profile picture(プロフィール画像のアップデート)
    このアクションはプロフィール画像をアップデートしてくれます。
  • Update bio(バイオグラフィのアップデート)
    このアクションはバイオグラフィをアップデートしてくれます。

Post a tweetを選択

 今回は通常のツイートでいいので、「Post a tweet」アクションを選択します。

 選択すると最終的なツイート設定画面にいきます。今回は下の画像のようにGoogle Home Miniで呟いた内容の後ろに「from Google Home Mini」を付けるように設定しました。

 これで完了です!

 実際にGoogle Home Miniに「Ok,Google,テストとツイートして」と言ったら、ツイートしてくれました!

まとめ

 今回は、IFTTTを使用してGoogle Home Miniからツイートしてみました。試してみてわかったのはめちめちゃ簡単だということです。設定自体は15分もあれば十分ではないでしょうか?

 ただ、この機能はGoogle Home Miniのマイクがオンになっている状態だと、ただの会話も拾ってしまうので、場合によっては誤爆してしまうかもしれないので、指定フレーズを特殊なものにしておいた方がいいかもしれませんね(笑)

 それでは、今回はここまで。タカでした。また!

この記事のまとめ

  • IFTTTを使ってGoogle Home Miniからツイートしてみる
  • 作成手順

お仕事のご相談・ご依頼
お気軽にお問い合わせください!

お仕事の依頼はこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。大人になってもずっと遊んでいたい人。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です