デロンギのエスプレッソマシン(EC680M)の内部洗浄のやり方

 前回、デロンギのエスプレッソマシン、EC680Mを購入したことについて紹介させていただきました。

 自宅でもカフェのような美味しいラテやカプチーノが作れるということで、人気のデロンギのエスプレッソマシンですが、今回はまず初めて使用する前に必要となる内部洗浄のやり方について紹介したいと思います。

デロンギEC680Mの内部洗浄のやり方

 では、早速内部洗浄していきたいと思います。

タンクに目一杯水を入れる

 まずは、本体背部に設置されてある水タンクを取り外して、MAXの目盛りまで水を入れます。

 目一杯水を入れたら、再度本体背部に設置します。設置する際は上からスライドする感じでカチッと音がするまで押し込みます。

電源を入れる

 タンクを設置したら、続いて本体左側側面にある電源スイッチを押して電源を入れます。

 電源を入れるとシングルとダブルのボタンが点滅し出します。点滅している間は予熱しているので点灯するまで待ちます。

300mL以上入る容器をトレイに設置する

 続いて、300mL以上入る容器をトレイに設置して、スチーム管を容器に向けます。

スチームつまみを開いてお湯を排出する

 先ほど点滅していたシングルとダブルのボタンが点灯して予熱が完了していることを改めて確認したら、本体左の側面上部に設置されているスチームつまみを開きます。

 上の写真が開いていない状態になります。このつまみを下に回すことで開きます。

 つまみを開くとシングルのボタンが点灯し、フロッサーからお湯が排出されるので、1分ほどお湯を排出します。

ダブルボタンを押す

 1分ほどフロッサーからお湯を排出したら、一旦止めて容器に入ったお湯を捨て、再度トレイに設置します。

 そうしたら、今度はダブルのボタンを押します。

 ダブルのボタンが点滅して給湯口からお湯が排出されるので自動で止まるまで排出します。

一連の流れを2〜3回繰り返す

 この一連の流れを2〜3回繰り返したら内部洗浄の完了になります。

まとめ

 以上、デロンギのエスプレッソマシン(EC680M)の内部洗浄のやり方でした。

 初めて使用する場合は、この内部洗浄が必要になってきますので、早くエスプレッソを抽出したい気持ちを抑えてしっかりと洗浄しましょう。

 これで下準備は完了になるので、次回は実際にエスプレッソを抽出する方法の紹介をしていきたいと思います。

 それでは今回はここまで!また!

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の拠点にサーフィンとスノーボードが好きなフリーランスのWebクリエイターです。普段はプログラム書いたりデザインしたり映像作ったりしています。いろいろな人の話しを聞くのが好きなので、このブログを通して多くの人と繋がりが出来たら嬉しいです。noteとInstagramもやっているのでフォローしてくれたらありがたいです!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です