シェアありがとうございます!

「myblu(VAPE)」をレビュー!実際に試して感じたメリットとデメリット

 どうも、こんにちわ。

 さてさて、今回は前回に引き続き「myblu(VAPE)」ネタになります。今回は実際にmybluを試してみて個人的に感じたメリットとデメリットを勝手にいくつか挙げていきたいと思います。

mybluとは?

 「そもそもVAPEって何?」、「myblu?」という方は前回の記事(下記事)を参照していただければと思います。とりあえず簡単に言うとmybluはニコチンもタールも含まれないVAPEになります。

mybluのメリット

 それでは、まずはmybluのメリットから挙げていきたいと思います。

ニコチン・タールが含まれていない

 まずはこれですね。mybluにはニコチンもタールも含まれていません。ゼロです。禁煙者を苦しめるニコチンと発ガン性物質と言われるタール、この2つを含まないことは大きいですね。ちなみに、VAPEの中にはニコチンが含まれているものもありますが、基本的に日本で流通しているVAPEに関してはニコチン・タールが含まれていません(ニコチン入りリキッドは薬事法によって禁止されている)。

使い方がとてもシンプルで簡単

 次に実際に使用してみて感じたのですが、mybluは使い方がとてもシンプルで簡単です。下の画像のようにmybluデバイスにフレーバーポッドを挿し込むだけで吸うことができます。

 これだけで吸うことができます。いたって簡単ですね。

面倒なメンテナンスが不要

 基本的にVAPEと言えばリキッドを入れるタンクがあって、リキッドがなくなる度にリキッドを注入しなければならなかったり、リキッドタンクのメンテナンスが必要だったり、そもそもアドマイザーも定期的に買い換えないといけなかったりと、いろいろと面倒なことが多いのですがmybluに関してはこれらの面倒なことが一切ありません

 フレーバーポッドは使い捨てなので、吸い終わったら捨てて新しいフレーバーポッドを装着すればいいだけです。

 VAPEの最大のデメリットはこの面倒なメンテナンスだと個人的には思っているので、その点の作業をする必要がないだけでも大きなメリットだと思います。

待ち時間がなく吸うことができる(チェーンスモークができる)

 続いて、これはmybluに限ったことではないのですが、待ち時間なくチェーンスモークができます。mybluは一回充電してフレーバーポッドを差し込めば充電がなくなるかリキッドがなくなるまでいつでも何度でも連続で吸うことができます。例えば、アイコスだと一回吸ったあとに5分ほどの充電が必要になってチェーンスモークができないのですが、mybluの場合はいつでも好きなときに好きなだけ吸うことができます。よくアイコスはチェーンスモークができないという理由から2台持ちしてる人がいますが、mybluに関してはその心配がありません。これも大きなメリットですね。

ほとんどゴミがでない

 mybluは1つのリキッドで通常のタバコの1箱半分くらい持つと言われています。一般のタバコやアイコス等の加熱式タバコは一回吸うたびに吸い殻が発生しますが、mybluの場合はリキッドだけなので圧倒的にゴミが少なくなります。また、あの吸い殻特有の嫌な匂いもないので、この点も一般のタバコや加熱式タバコに比べて大きなメリットの1つと言えると思います。

フレーバーというだけあって蒸気が良い香り

 mybluを含むVAPEはリキッドを蒸気化して使用するもので煙ではなく蒸気が出るのですが、mybluの場合この蒸気が紙タバコやアイコスのような嫌な匂いではなく、フレーバーというだけあって良い匂いというか清涼な香りといった感じがします。この点においても衣服等に不快な匂いがついたり周囲に不快な思いをさせる心配もしなくて済みます。

20分の充電時間でフル充電できる

 mybluはアイコス等の加熱式タバコ同様、usbで充電してから使用する形になります。この充電時間が長いとその分吸えない時間が長くなってしまうのですが、mybluの場合は20分でフル充電ができると言われています。

一回の充電で約300回吸引できる

 20分でフル充電できるmybluですが、一回フル充電した場合、約300回の吸引ができるとされています。人によって吸引する回数はそれぞれなので一回のフル充電で使用できる時間は個人差がありますが、1日タバコ1箱吸うような人であれば大体丸1日は持つんじゃないかと思います。

多種多様なフレーバーが揃っている

 現在、mybluのフレーバーポッドはグリーンアップル味やマンゴー味など8種類のフレーバーが販売されています。8種類あれば1つくらいは自分にあったフレーバーがあると思うので味が合わない等の心配はないかと思います。

 なお、人気のあるリキッド、個人的におすすめのフレーバーポッドを下記関連記事で紹介しているので興味があれば読んでください。

2018.11.17追記

 先日、新たに「ストロングメンソール」と「 アイスベリー」が追加されたので現在は全10類になっております。

禁煙の手助けになる可能性がある

 自分は実は禁煙して1年半なのですが、VAPEの存在を知っていればもっと簡単に禁煙できたかもしれないと今は思っています。自分が禁煙した時に心がけたことはとにかくタバコを買わない(下記事参照)ということだったのですが、個人的にはmybluがあればもう少し楽だったのになーと思います。まあ、mybluに移行したからといって禁煙が確実に成功するわけではないですし、あくまで個人的な意見ですけどね。ただ個人的にはアイコスに移行するよりは全然良いと思いますね。

スターターキットが格安

 mybluのスターターキットは現在Amazonや楽天で2,700円で購入することができます。このスターターキットの内容は下記の通りでアイコス等の加熱式タバコに比べるととても安いので、その点でも大きなメリットの1つになります。

スターターキットの内容

  • myblu本体
  • usbケーブル
  • フレーバーポッド(メンソール)
  • 説明書
mybluスターターキット

※現在公式ストアで購入すると本革スリムケースなどのアクセサリーや好みのフレーバーポッドが付いてくるようです。

mybluのデメリット

 さて、ここまでmybluのメリットを挙げてきましたが、ここからはデメリットも挙げていきたと思います。

コンビニ等で購入することができない(一部のコンビニでは販売)

 通常のタバコやアイコスはコンビニでも販売されているので、無くなったら近くのコンビニに行って購入すれば済むのですが、mybluの場合、現時点では公式のフレーバーストアやAmazon等で購入するしか方法がありません。公式ストアで買う場合は配送料も掛かってしまう(3,500円以上は送料無料)し、届くまで時間が掛かってしまうので、あらかじめまとめ買いしておくなど対策が必要になってきます。

2018.11.19追記

 2018年11月より、東京と大阪のタバコ製品を扱うファミリーマートとローソンでmybluの販売が開始されたようです!全ての店舗ではないですが、実際に近所のファミリーマートに行ってみたら販売されていました。これで出先でなくなった場合などでも安心できますね。今後は東京、大阪だけでなく全国的に展開していってほしいですね。

健康リスクに対するデータがまだ十分ではない

 電子タバコやVAPEはよく健康被害がない等謳っているサイトも結構ありますが、実際はまだデータが少なすぎてわからないというのが実情になります。厚労省の見解では発ガン性物質が検出された粗悪品の電子タバコもあるということなので、この点に関しては注意深く見ていく必要があると思います。ただし、こちらの日経新聞の記事によると、イギリスの保健省は電子タバコは通常のタバコと比較して、健康被害は最大95%も少ないという研究結果を発表するなど国によって見解が違っています。

 なお、厳密に言うと電子タバコとVAPEは違うものになります。VAPEは一般的にはあくまで電子タバコの一部として位置付けられているだけで「電子タバコ=VAPE」ではないんですね。こういったカテゴリの棲み分けもおそらく国にとって見解が異なる原因の1つなのかなと個人的には思っています。ちなみにmybluはVAPEになります。

 僕個人の無責任な意見になりますが、結局、電子タバコは世界中にかなりの数があってその中には粗悪品もあるのでそういった粗悪品は健康被害がある可能性もありますよということだと思います。信頼できる開発元や商品などであれば通常のタバコよりかは全然マシなのではないかと思いますね。

 実際にmybluを吸ってみても、一般のタバコを吸った時に感じる体のだるさや吸いすぎた時の気持ち悪さ、また痰が絡むといったことも感じないですし、開発元のインペリアル・タバコ・ジャパンも健康へのリスクを抑えることをプロジェクトの目的の1つとしているようなので、その点では比較的安心できるVAPEの1つなのかなと個人的には思っています。

 一応現時点では歴史の浅さからデータが不十分なのでデメリットとしていますが、将来的には健康被害リスクも少ないと証明されメリットになっていく可能性もありますね。

故障したり消耗する

 これはアイコス等の加熱式タバコと同様ですがmybluも立派な電子機器になります。こういった電子デバイスには故障やバッテリーの消耗などのリスクが付き物です。mybluに関しては1年間は製品保証があるのでその期間内であればいいですけど、その期間以降は実費で新たなデバイスを購入しなければならないので、その点は一般的なタバコよりも高くつく可能性がありますね。

まとめ

 ということで、今回は前回に引き続き最近人気急上昇中のVAPEのトップブランドの1つ「myblu」のメリット・デメリットを実際に使ってみた上で紹介させていただきました。

 これまでいろいろなVAPEを試してきましたが、他のVAPEに比べてコイルやリキッドタンクのメンテナンスが不要といった扱いやすさと持ち運びにも便利なところ、また様々なフレーバー用意されているのがいいな〜と思いました。

 それでは今回はここまで!また!

mybluスターターキット

※現在公式ストアで購入すると本革スリムケースなどのアクセサリーや好みのフレーバーポッドが付いてくるようです。

シェアありがとうございます!

タグ
myblu VAPE

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です