Laravelがインストールできる格安レンタルサーバー5選!

 ここ2年ほどはWebサービスを構築する際にLaravelを使うことが多く、実際のクライアント案件でもLaravelを使うケースが非常に増えてきており、いよいよ日本でもPHPフレームワークの代表格がLaravelがなりつつあるなーと実感する今日この頃です。

 そんなLaravelを使うWebサービスのインフラは基本的にはVPSやクラウドが主流なのですが、格安レンタルサーバーでもいくつかLaravelを利用(インストール)できるので、今回は自分がLaravelのインストールを実際に試してみて問題なかった格安レンタルサーバーをまとめてみたいと思います。

 ※利用できるとは言え、共有レンタルサーバーの場合はroot権限はないですし、チェーニングの観点からもVPSやクラウドには劣ります。

本記事の格安レンタルサーバーの条件

 格安レンタルサーバーと一言で言っても一般的に明確な定義があるわけではないので、一概には言えませんが今回は下記条件を満たすレンタルサーバーに絞ってまとめていきたいと思います。

本記事における格安レンタルサーバーの定義

  • 月額1,000円以下で利用可能
  • 共有レンタルサーバー

Laravelインストールできる格安レンタルサーバー

 では、早速まとめていきたいと思います。

XSERVER(エックスサーバー)

 まずは、Xserver
(エックスサーバー)ですね。このブログのレンタルサーバーもエックスサーバーにWordpressをインストールして構築していますが、エックスサーバーはその格安な料金体系の割には、大量アクセスにも強く安定した稼働率が特徴のレンタルサーバーでブログ運営者などにとても人気のあるレンタルサーバーですね。

 基本的な機能に加え、無料独自SSLやXアクセラレータといった高速・安定化機能をはじめ、様々な便利な機能を備えており、サーバー稼働率もとても安定している業界トップクラスのレンタルサーバーになります。

Laravelも問題なくインストールできますし、Python等の独自CGIも柔軟に利用することができるのでおすすめです。自分が使い慣れているということもありますが、格安共有レンタルサービスの中では個人的に一番おすすめのレンタルサーバーです。

 自分が運用しているWebサービスの中にも、実際にこのエックスサーバーにLaravelを突っ込んで運用しているものもあり問題なく快適に動作してくれています。

 インストール方法は下記関連記事参照。

エックスサーバーまとめ

初期費用 3,000円
月額料金 900円〜
お試し期間 10日間
インストールを試したプラン X10プラン

さくらのレンタルサーバー

 共有レンタルサーバーから専用サーバー、VPS、クラウドと幅広いインフラサービスを展開しているさくらインターネットのレンタルサーバーも人気ですね。

 さくらはレンタルサーバー業界でも古株で、一般的な知名度も高い業界を代表するレンタルサーバーの1つになります。

 さくらのレンタルサーバーの特徴は、やはり他のレンタルサーバーにはないプランの豊富さや利用者の多さから実現できる価格の安さですね。最安値のライトプランは月額129円という安さで人気No.1のスタンダードプランも月額515円という業界屈指のコスパの高さを誇ります。

 知名度的にも間違いないですし、災害時にもダウンしないような安定した稼働率等、初心者から上級者向けにもおすすめできるレンタルサーバーかと思います。また、サポート体制もしっかりとしているのでその点も強みの1つかと思います。

 Laravelのインストールもスタンダード以上であれば問題なくインストールが出来ますし、独自CGIも柔軟に利用できるのでサービスを運営していく上で選択肢の1つとなるレンタルサーバーでしょう。

 インストール方法は下記関連記事参照。

さくらレンタルサーバーの基本情報

初期費用 1,029円〜
月額料金 129円〜
お試し期間 2週間
インストールを試したプラン スタンダード

ヘテムル

 ヘテムルは格安な料金形態とSSDを使用した超高速性を大々的な特徴として謳っているコスパの高いレンタルサーバーですね。

 ヘテムルの特徴としは、その機能と安定した稼働率からWeb制作会社等の法人の利用者が多いのが特徴的なレンタルサーバーですね。実際に自分のお付き合いのあるクライアントの中でもキャンペーン等の一部のサービスを実際にヘテムルで運用している企業もあります。

 エックスサーバーやさくらと同様、格安で高機能という点ではおすすめできるサーバーなのですが、モジュール版PHPのバージョンが現時点では7.1.14が最新ということで、Laravelの5.6以上がインストールできない点がエックスサーバーやさくらに劣るところでもあります。

 また、その他のオプション機能でも個人的には少し制限があるのかなという印象を受けます。

 インストール方法は下記関連記事参照。

ヘテムルの基本情報

初期費用 無料〜
月額料金 800円〜
お試し期間 15日間
インストールを試したプラン ベーシック

ロリポップ!

 ロリポップは初心者向けレンタルサーバーの代名詞のような時代もあり、その価格の安さやカラーミーショップなどの独自サービスの利点を活かし多くの利用者を獲得し、レンタルサーバーでは国内最大級の利用者数を誇る代表的なレンタルサーバーの1つですね。

 一応、Laravelのインストールもできましたが、メモリ不足もあり何度もインストールが中断してしまいました。

 ブログ等の簡単なサービスの運用であれば問題はないかもしれませんが、他のレンタルサーバーと比較するとスペック的にやはり少し劣ってしまうのかなという印象です。

 インストール方法は下記関連記事参照。

ロリポップの基本情報

初期費用 1,500円〜
月額料金 100円〜
お試し期間 10日間
インストールを試したプラン スタンダード

バリューサーバー

 ロリポップ同様、初心者向けのレンタルサーバーとして知られるバリューサーバー。初心者向けということもあり価格の安さが売りのレンタルサーバーですね。

 バリュードメインとの連携も強みの1つのレンタルサーバーですが、Laravelのインストールも問題なくできました。

 ただし、ヘテムルと同様PHPのバージョンに制限があるので、現時点では5.4系のLaravelまでしかインストールできませんでした。この点はやはり最新のフレームワークが利用できないので他のレンタルサーバーと比較すると劣ってしまう点でしょう。

バリューサーバーの基本情報

初期費用 無料〜
月額料金 133円〜
お試し期間 10日間

おすすめのレンタルサーバーは?

 実際にLaravelのインストールを試して問題なかった格安レンタルサーバーの一部を紹介してきましたが、今回紹介した中でもおすすめなレンタルサーバーはどれなのかと言うと、個人的な独断と偏見になりますが「Xserver
」と「さくらのレンタルサーバ
」がおすすめです。

 どちらのレンタルサーバーも格安料金の割に安定した稼働率と豊富な機能を備えているので、Laravelで小規模で簡単なWebサービスを運営したり、勉強がてらLaravelを使っていく分には問題なく運用できるのではないかと思います。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 今回はLaravelをインストールできる格安レンタルサーバーを実際に試した上でいくつか紹介させていただきました。

 いずれのレンタルサーバーでも結果としては問題なくLaravelのインストールは可能ですが、PHPのバージョンに制限があったりメモリの問題等いろいろあるので、紹介した全てのレンタルサーバーで快適にLaravelを運用できるというわけではありません。

 また、冒頭でも述べた通り、中規模以上のサービスであったり個人情報を取得するようなサービス、負荷の多いサービスではVPSやクラウドを利用することをおすすめいたします。しかし、VPSやクラウドはなんだかんだ言ってランニングコストが高くなってしまうのが現実です。

 小規模のちょっとしたWebサービスであったり勉強がてらの開発に月額1万円以上負担するのは費用対効果の面でデメリットになったり、保守や運用の手間も増えていくので、用途に合わせてこういった格安レンタルサーバーを利用していくと様々なメリットを享受できるのではないかと思います。

 参考になれば幸いです!

 ということで、今回はここまで!また!

お仕事のご相談・ご依頼
お気軽にお問い合わせください!

お仕事の依頼はこちら

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です