シェアありがとうございます!

フレッツ光からソフトバンク光に変えてみた結果・・・

 こんにちわ。タカです。唐突ですが今日からインターネット回線をフレッツ光からソフトバンク光に変更しました。そこで当記事ではソフトバンク光に変更した経緯から簡単な回線速度計測を紹介したいと思います。ネット上では評判がちょっと・・・なソフトバンク光ですが果たして使い心地はどんなものでしょうか?

なぜソフトバンク光に変更したのか?

 自宅の光回線はこれまではずっとフレッツ光を使用してきました。フレッツ光に対しては特に何も不満はなかったのですが(強いて言えば料金)、ソフトバンク光に乗り換えました。

 ソフトバンク光と聞いて、「なんでソフトバンク光・・・」とか、「やめといたほうがいいのに」と思った方も多いのではないでしょうか?なぜならネット上のソフトバンク光の評判はそこまでよくありません。ソフトバンク光の第二検索ワードもネガティブなものが候補としてゴロゴロ出てきます。

 では、なぜ乗り換えたのか、そのきっかけとなったのはiPhone7の破損でした。

iPhone7の破損がきっかけ

 そもそも、僕はソフトバンクユーザーではなくSIMフリーのiPhone7にワイモバイルをキャリアとして使用していました。しかし、そのiPhone7が壊れてしまい、しかもApple Care +にも入っていなかった(以下記事参照)ため、高い修理費を払うのであれば新しいiPhoneを買おうということで、結果としてiPhoneXを購入することになりました。(以下記事参照)

 しかし、新しいiPhoneを買うと言ってもiPhone7の分割ローンもまだ1年残ってるし、どうせ買うならiPhoneXが欲しいし、でもiPhoneXはバカ高いよね、といういろいろな事情が絡み合いました。そしてドロドロに絡みあった結果、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えをすれば以下の特典が受けれるということが判明し、ソフトバンクに乗り換えるという選択が自分にとってはベストだという結論にたどり着きました。

  • 契約解除料が無料
  • 番号移行手数料が無料
  • 新規契約事務手数料が無料
  • 2年間の割引(毎月1,000円)が受けられる

 そして、上記に加えてソフトバンク光に加入すれば、さらにおうち割という割引まで受けれるというではありませんか。

 このように1円でも安くしたい自分の境遇にとっては、目の前にニンジンがぶら下がっているようなものだったわけであります。

 もちろんソフトバンク光のネット上の評判があまり芳しくないということは既に知っていたのですが、ソフトバンク光と言ってもプロバイダーが変わるだけで設備自体はフレッツ光と一緒という言葉に負け、もうこれは不可抗力だ、ここは小池百合子ばりに崖から飛び落ちる気持ちでいくしかないということで、ソフトバンク光を契約をしたわけです。

ソフトバンク光のメリット

 こうしてソフトバンク光を契約したわけですが、果たしてソフトバンク光にはどのようなメリットがあるのか整理してみたいと思います。

おうち割が受けられる

 まずは、何と言っても「おうち割」でしょう。おうち割とはソフトバンクの携帯を使っているユーザーに対して、自宅のインターネット回線もソフトバンク光にしてくれれば、毎月の料金から割引しますよというソフトバンクの割引プランです。

 割引額等の詳細はこちらを参照していただればと思いますが、基本的には永年割引(3年目以降割引額が下がる)という少し眉唾のとてもお得なユーザー囲い込み割引プランになります。

フレッツ光からの乗り換えがスムーズ

 ソフトバンク光はフレッツ光と同じ設備を使用していますので、基本的に乗り換えがとてもスムーズです。場合によっては工事が不要な場合もあるようです。

あんしん乗り換えキャンペーン(違約金のキャッシュバック)が受けられる

 ソフトバンク光には、「あんしん乗り換えキャンペーン」というキャンペーンがあり、他社の違約金を最大10万円までキャッシュバックしてくれます。ユーザーにとって違約金は本当に無駄金なのでありがたいですね。

他社に比べて格安

 僕のようなマンションタイプだと月額3,800円(税別)で利用することができます。ただ実際は「光BBユニット」レンタル料などの料金が別途かかります。

 このように聞くとフレッツ光等の他社とそんなに変わらないと思うのですが、ソフトバンク光の場合はこの料金にプロバイダ(YahoBB)の料金も含まれている(プロバイダ料は実質無料)ということです。

 僕が契約していたフレッツ光はトータルで5,000円を超えていましたが、ソフトバンク光に乗り換えたことで1,000円くらい安くなりました

ソフトバンク光のデメリット

 次にソフトバンク光のデメリットを整理していきたいと思います。

おうち割を適用するにはオプション加入が条件

 おうち割を適用したい場合は、「光BBユニット」、「Wi-Fiマルチパック/Wi-Fi地デジパック」のいずれか、もしくは「ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/ BBフォン」のどれかに加入しなければいけません。これらはオプションなので別途料金が発生します。

プロバイダが選べない

 ソフトバンク光は、フレッツ光やauひかりのように自由にプロバイダを選択することができません。プロバイダはYahooBBのみとなっております。

ソフトバンク光の評判を知れば知るほど不安になる日々

 さて、ソフトバンク光を契約して、あとは開通工事を待つだけの身になったわけですが、やっぱりソフトバンク光の評判が気になります。インターネット回線は僕にとっては死活問題でもあるので、回線速度等の問題は気がかりです。

 そこでTwitterで「ソフトバンク光」と検索してみたところ、まあ出るわ出るわ。。悪口のオンパレードです(笑)。知ってはいたもののここまでかという感じです(笑)

 このように「回線速度が遅い」とか「サポートの対応が悪い」という意見が調べれば調べるほどゴロゴロ出てきます。こういうツイートを見ていると契約しているこちらとしてはどんどん不安になり、「まじか、、ソフトバンク。もう契約しちゃったじゃないか。。」、「まだ工事してないし解約したほうがいいのか」等、いろいろな感情が自分を支配し始めました。

実は良い意見も多い

 しかし、調べてみれば実は良い意見もたくさんあるのです。

 そう、よくよく考えてみればネット上、特にTwitterや2chはソフトバンク光に限らず全体的に悪口の方が多いわけです。インターネット回線は使えて当たり前、速度も出て当たり前を期待されており、その期待通りの結果が出ても人は何も言いません。当たり前だからです。逆に当たり前の期待に反する結果が出てしまうと人は頭にきて、どうしてもTwitterや2chのようなところについつい悪口を言ってしまうわけです。

 そして、その悪評が悪評を呼び、やっぱりソフトバンク光はダメなんだという、ある種の風評被害に繋がっているんだなと感じました。

 ちなみに、ソフトバンク光サポートの対応はとても丁寧で良かったですよ。何度か問い合わせていますけどTwitterで言われているような対応の悪さは一度も経験していません。

開通工事日を迎える

 というわけで、多少の不安は残るものの良い意見もあるわけだし、とりあえず一回ソフトバンク光を試してみよう。そして、どうしてもダメだったらクーリングオフすればいいという気持ちで開通工事日を迎えたのでした。

ソフトバンク光BBの接続

 開通工事も一時間足らずで完了し、いよいよソフトバンク光開通です。

 モデムとBBユニットを接続して早速試してみましょう。

 ソフトバンク光の接続方法は、工事日の前に届くソフトバンク光BBのユニットとNTTのモデムを接続します。LANケーブル等の接続方法の詳しい内容はこちらを参照していただければ分かりやすいです。

 簡単に言うと、PCを含めてモデム、ユニットの電源を一回落とし、モデムとユニットをLANケーブルで繋いで、ユニットとPCをLANケーブルで繋ぎます。そしてそれぞれ電源を入れていけば接続は完了です。問題なければ下の画像のようにインターネット回線が黄色く点灯するはずです。

 僕の場合、最初うまくいかずインターネット回線の箇所がオレンジ色に点滅したりしたのですが、ユニットをリセットすることで正常になりました。

回線速度を計測してみる

 さて、無事に開通したということで早速気になる回線速度を計測してみましょう。なお、自宅のマンションはVDSL方式になりまして最大100Mbpsになります。

 Twitterでさんざんディスられていますが実際はどうなんでしょうか?

 はい、ドン!

 普通に速い。。。

 下り91.38Mbps、上り77.18Mbpsです。これは速い。。

 正直、心のどこかでどうせ遅いんだろうなとちょっと思ってたんですけど、これは嬉しい誤算です(笑)

 ちなみに、この計測結果はソフトバンク光は夜になると遅くなるとの声が多かったので、あえて22時53分に計測してみた結果です。

 これはフレッツ光に全然劣らない、というよりむしろ速いかも。

 ソフトバンク光やるやん。。

まとめ

 ということで今回は、ソフトバンク光に乗り換えた経緯とソフトバンクの回線速度に関して紹介させていただきました。

 これまで評判があまりよくなかったので敬遠していたソフトバンク光ですが、今日1日だけの実績としては全く問題ない状態で使えています。これでフレッツ光時代よりも月々の料金が1,000円近く安くなり、携帯料金もおうち割が適用され安くなりました。正直、現時点では良いところしかありません。どうしてこれまでフレッツ光なんて使っていたんだろうと後悔すら覚えます(笑)

 ただし、インターネット回線速度はユーザーそれぞれの環境によって千差万別なので、僕が良かったからと言って他の方も満足する結果が得られるわけではありません。中には、通信状態がよくない方も実際におられるのでしょう。もしインターネット回線の乗り換えを検討されている方はその点は十分下調べをしてから決めた方がいいと思います。

 ということで、今回はネット上ではさんざんディスられていたソフトバンク光を実際使って見たら全然問題ない、むしろソフトバンクユーザーでインターネット回線を別の会社で契約しているのであればソフトバンク光に乗り換えた方がいいという結果になりました。

 それでは、今回はここまで。タカでした。また!

この記事のまとめ

  • インターネット回線をソフトバンク光に変更してみた
  • iPhone7の破損がきっかけでソフトバンク光を契約することになった
  • ソフトバンク光のメリット・デメリット
  • 評判がいまいちで有名なソフトバンク光だが実際はどうなのか?
  • ソフトバンク光の回線速度はバッチリだった

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。大人になってもずっと遊んでいたい人。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です