シェアありがとうございます!

【ダイエット食】手軽な高タンパク質メニュー『シーチキン卵かけご飯』

 こんにちわ、夏に向けて体脂肪率を一桁台にするべく肉体改造真っ只中ですが、今回はダイエット食としてオリジナルメニューの『シーチキン卵かけご飯』を紹介したいと思います。味付けも僕好みにアレンジしており、普通の卵かけご飯と少し違うので、興味がある方は試していただければと思います。

炭水化物とタンパク質をバランス良く取れる

 さて、肉体改造やダイエットをする上でとても大事なこととして、「バランスの良い食事を取る」ということがあります。人間のカラダは摂取するもので大きく変わってくるので、スポーツ選手などのアスリートは必ずと言っていいほど食事に気をつけています。

 今回紹介するメニューは、お米からエネルギー源となる炭水化物、卵とシーチキンから筋肉や臓器等の材料となるタンパク質をバランスよく摂取できます。

手軽に作れて朝食やトレーニング前後に最適なメニュー

 ダイエットや肉体改造では、食事のタイミングも大事になってきます。例えば朝食やトレーニングの前はエネルギー源となる炭水化物をしっかり取ることが大事ですし、トレーニングの後は筋肉や疲労の回復のために炭水化物とタンパク質の摂取がとても重要になってきます。本メニューは朝食など時間がないときでも手軽に作れますし、炭水化物、タンパク質共にバランスよく取れるので、そういった意味でもとてもおすすめです。

なぜシーチキンなのか?

 ちなみに、シーチキンではなく納豆を使った卵かけご飯もダイエット食として有名です。納豆はスーパーフードとして有名でタンパク質も豊富に含まれており、ダイエットや肉体改造時には欠かせない食材になります。しかし、納豆が好きな人は良いですが、自分のようにどうしても納豆が食べられないという人もいます。そこで納豆の代わりに使うのがシーチキンです。シーチキンも低糖質&高タンパクな食材として知られており、また、ツナ缶のようにどこでも販売されていることから安価かつ簡単に入手できて、そのまま食べられる手軽さもおすすめ理由の一つになります。

オリジナルシーチキン卵かけご飯の作り方

 さて、前置きが長くなりましたが、オリジナルのシーチキン卵かけご飯の作り方は紹介していきます。至って簡単ですので、ぜひお試しください。

材料

 まず、今回用意するものは下記になります。

材料

  • 白ご飯
  • 醤油
  • 麺つゆ
  • ツナ缶
  • ゴマ

卵は醤油と麺つゆで味付け

 まずは、卵を味付けをしていきます。

 醤油を小さじ一杯ほど。

 次に、麺つゆを大さじ一杯半ほど少し多めに入れます。

 これで味付けは終わりです。あとは卵をときます。

白ご飯と卵を混ぜる

 それでは、白ご飯と卵を混ぜていきましょう。

 黄金に輝く卵ご飯。これだけでも美味しいですよね。

ゴマをたっぷりかける

 卵ご飯ができたら、今度はゴマをたっぷりかけます。ゴマは抗酸化作用の強いセサミンが豊富に含まれており、風味としても味のアクセントになるのでおすすめです。

 ちなみに、今回使用しているゴマなのですが、東京藤トの「ごまかつお」というゴマでして、これめちゃめちゃ美味しいです。妻の母からもらったものなのですが、残念ながらAmazon等での販売はしていないみたいで、ネットだと公式のオンラインサイトからしか買えないみたいですね。

シーチキンを大量にトッピング

 そして、最後にシーチキンを1缶まるごとトッピングして。醤油を気持ち垂らして出来上がりです。

 ちなみに、シーチキンはライトツナ缶がカロリーも控えめでおすすめです。

まとめ

 というわけで今回は、ダイエットや肉体改造におすすめのオリジナルメニュー『シーチキン卵かけご飯』を紹介させていただきました。炭水化物とタンパク質をバランス良く摂取できるメニューになります。ぜひお試しください!

 それでは今回はここまで!また!

この記事のまとめ

  • ダイエットや肉体改造に最適のオリジナルメニュー『シーチキン卵かけご飯』を紹介
  • 低カロリー、高タンパクなシーチキンを使って、ワンランク上の卵かけご飯でバランスよく栄養を摂取できる
  • 朝食やトレーニングの前後におすすめのメニュー

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活を目指すフリーランスのWEBエンジニア兼デザイナー。大人になってもずっと遊んでいたい人。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です