【レビュー】GeneLifeの肥満遺伝子検査(ダイエット)の結果、アダム・イヴ型だった

 徐々に暖かくなってきた今日この頃ですが、夏に向けてダイエットを始めようと思っている方も多いのではないでしょうか?

 さてさて、先日、自分の体質を知るためにGenelifeの肥満遺伝子検査(ダイエット)を試してみた(下記関連記事)のですが、その結果が出たので今回はその結果と内容やもらったアドバイス等について簡単に紹介したいと思います。

 なお、Genelifeがどういった会社でどのようなサービスを行なっているのか、また採取方法、キットに関する説明なども下記の関連記事で紹介しているので、気になる方はそちらを参照してもらえればと思います。

肥満遺伝子検査の結果、アダムとイヴ型だった

 ということで、今回の本題になりますが、肥満遺伝子検査の結果から言うとタイトルにもある通り、僕は「アダムとイヴ型」に属するタイプでした。

 関連記事の中でも説明していますが、今回試してみたダイエットに関する肥満遺伝子検査では、太りやすい体質なのかどうかを3つの遺伝子を調べることで4つのタイプに分類して、それぞれのタイプに合ったダイエット方法やアドバイスをしてくれます。

 その4つのタイプというのがこちら。

遺伝子型ダイエットタイプ

  • りんご型
  • 洋なし型
  • バナナ型
  • アダム・イヴ型

 そして、この4つのタイプの簡単な特徴が下の表になります。

タイプ名 特徴
りんご型 糖質で太りやすいタイプ
洋なし型 脂質で太りやすいタイプ
バナナ型 筋肉がつきにくいタイプ
アダム・イヴ型 生活習慣に問題あり?タイプ

 りんご型タイプの人は糖質の代謝が苦手な人で、洋なし型の人は脂質の代謝が苦手というようにそれぞれの特徴があり、日本人の健常者の97%が「リンゴ型」、「洋なし型」、「バナナ型」に分類されるようです。そして僕のタイプは少し意外でしたけど先ほども述べた通り、「アダム・イヴ型」でした。。たった3%しかいないタイプだったのでした(笑)

検査に掛かる期間と結果閲覧方法

 ちなみに、採取して結果が出るまで10日ほど掛かりました。また、検査結果の閲覧に関しては、今回購入したキットはWeb版だったのですが、キットに同梱されているIDやパスワードをGenelifeのWebサイトに登録することで、Web上のマイページにて閲覧することができました。なお、紙による報告書も欲しい方は「Web+紙報告書版」キットを購入すれば大丈夫かと思いますが、Web上からも印刷ができると思うので、Web版キットで十分かと思います。

検査結果から分かる特徴や適切なダイエット方法

 では、この検査結果から分かるアダム・イヴ型の特徴やアドバイスとしてもらった適切なダイエット方法に関して簡単にまとめたいと思います。

アダム・イヴ型の特徴は?

 アダム・イヴ型の人で太ってしまっている人は、上の表のとおり生活習慣に問題がある人のようです。

 ただ逆に言えば、糖質が代謝しにくい体質でもないし、脂質を代謝しにくいタイプでもなく筋肉もつきにくいタイプでもないわけで、生活習慣さえ気をつけていればあまり太りにくい体質ということです。確かに昔から太りやすいタイプではなく、以前少し太っていたときは生活習慣が少し乱れていました。生活習慣や食生活を改善しジムに行くようになり、日々の生活に運動を取り入れてからは体重も安定しているので、そういった意味では今回の結果には納得です。

適切なダイエット方法

 基本的に生活習慣にさえ注意をしておけば太りにくい体質であるアダム・イヴ型なので、アダム・イヴ型に合っているダイエット方法は過剰なカロリーを取りすぎないことと、適度な運動を心がけることのようです。まあ、ダイエットするのであれば大前提のことなので当たり前と言えば当たり前ですけどね(笑)。

 とりあえずアダム・イヴ型は糖質も脂質も体質的にはしっかりと代謝してくれるので、炭水化物もタンパク質も脂肪もバランス良く摂取して、摂取したカロリー以上に運動などをしてカロリーを消費するという「消費エネルギー > 摂取エネルギー」という図式の基本的なダイエットが一番適しているといった感じですかね。

理想とされる食事

 具体的な食事の摂取方法のアドバイスとしては、一汁三菜(主食・汁物・主菜・副菜)を意識すると一番栄養バランスが良いので、この基本的な献立を土台にビタミンとミネラルを特に意識して摂取するようにすることがおすすめのようですね。中でも不足すると代謝効率が悪くなってしまうビタミンとミネラルはより意識して摂取することがおすすめされています。

他にもいろいろなアドバイスやノウハウを教えてくれる

 今回の肥満遺伝子検査で分かることの大きな点は、自分がどういった体質で、その体質の特徴を理解した上で太らないためにはどうすればいいかということが分かるところなのですが、その他にも基本的なダイエットに役立つ情報等も内容に含まれており、私も知らない役立つ情報が載っていました。

 例えば油の付着率を下げる野菜の切り方や吸油率を下げるジャガイモの切り方、また日常の生活で消費するカロリー等々、結構タメになることが載っていて結構役立つと思います。

感想とまとめ

 ということで、今回はgenelifeの肥満遺伝子検査(ダイエット)キットの検査結果が出たので、結果から分かる体質タイプ、特徴、そのタイプに合った適切なダイエット方法等を簡単に紹介させていただきました。

 肥満遺伝子検査をやってみた率直な感想としては、価格も約4,000円と低価格で、採取も簡単ですし、何よりも遺伝子レベルで自分の本来の体質が分かるのがとても良いと思います。

 ダイエットをするにも世の中にはいろいろな情報が溢れていて中には信憑性の薄いダイエット方法もたくさんあり、その中から自分に合った適切なダイエット方法を見つけるのも中々難しいという側面があります。しかし、自分の体質を知ることによって、どういった食事管理、ダイエット方法が自分に合っているのか分かるので、無駄なダイエット方法を試す必要性も無くなりますし、より効率的にダイエットできると思うので個人的には検査してよかったと思いますね。

 結果としては僕はアダム・イヴ型という稀なタイプで糖質も脂質も代謝しやすい体質だったので、バランスの取れた食生活と規則正しい生活習慣、適度な運動という基本的な生活を心がけていれば太りにくいということですが、りんご型の方は糖質を控えたり、洋ナシ型の人は脂質を控るといったそれぞれ特徴があるので、気になる方は一度試してみるといいかもしれませんね。

 最後になりますが、この遺伝子検査はあくまで遺伝子学の観点から見た統計的な結果であり、医学的な観点から見たものとは異なるので医学的な体質証明ではないので、その点認識しておいてくださいね。

 てな感じで、今日はここまで!また!

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です