シェアありがとうございます!

筋トレ上級者が実際に飲んでいるおすすめプロテイン5選 | 海外製含む

 「自分の体重の2倍のタンパク質を取りましょうね」

 少しでも筋トレを頑張っている人はこのフレーズを見たり聞いたりしたことがあると思います。そう、筋肉をつけるにはただトレーニングをするだけでなく食生活にも気を配り、特にタンパク質を多く摂取することが推奨されています。

 そんなタンパク質を摂取するには、まず食事から取るということが大前提になりますが、食事だけでは取りきれない部分をサポートしてくれるのがプロテインになります。本格的に鍛えている人でプロテインを飲んでいない人はいないくらいみんな当たり前のように飲んでいますが、これからプロテインデビューしようとしている人にとっては、商品がありすぎて迷うこともあると思うので、今回はどのプロテインがおすすめなのか、知り合いのパーソナルトレーナーや筋トレ上級者の方々に実際に飲んでいるプロテインを教えてもらったので紹介したいと思います。

 ちなみに、自分はパーソナルトレーナーでも筋トレ上級者でもないただのトレーニーです(汗)

プロテインとは?

 まず、そもそもプロテインとは何かと簡単に説明すると「タンパク質」のことですね。

 タンパク質は炭水化物や糖質と並ぶ三大栄養素の1つで、骨や血液そして筋肉を作る大事な栄養素として知られています。筋肉はトレーニングによって強い負荷をかけることで分解され、そして合成するというプロセスを経ながら強く大きくなっていきます。そのサイクルの手助けをする上で特に大切な栄養素がタンパク質というわけですね。

 ちなみに、プロテインは下記のように3種類に分かれており、用途によって必要なプロテインを摂取するかたちになります。

プロテインの種類

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

上級者愛用プロテイン

 さて、前置きはこのくらいにして本題のバキバキの筋トレ上級者の方が実際に飲んでいるプロテインを紹介していきたいと思います。

Optimum Nutrition ゴールドスタンダード

 まずは、「Optimum Nutritionのゴールドスタンダード」。このプロテインは1スプーン30.4g当たりのタンパク質含有量が24gとかなり高い含有割合が特徴で、パウダーも溶けやすいように研究されていて、とても飲みやすいと評判のプロテインです。特にチョコレート系の味は美味しいと評判です。

 また、その内容にしては価格も安くコスパの高いプロテインの1つで、かつ多くのアスリートに愛用されていることから世界中で絶大な人気を誇り、売上は年間1千億円以上、プロテイン市場世界シェア1位のブランドと言われています。

 日本では、フィットネスYoutuberとして有名なカネキンさんが愛用されているということでも有名ですね。自分の周りでも飲んでる人は多いですね。

MYPROTEIN(マイプロテイン)

 続いて、こちらはイギリス初の人気商品「マイプロテイン」。マイプロテインはヨーロッパNo1のスポーツサプリメーカーと言われており、その会社が販売しているプロテインですね。このプロテインもオプチ同様、1食(25g)当たりのタンパク質含有量が21gと脅威の含有割合84%を誇る人気プロテインで、BCAAも1食あたり4.5g配合されておりとても優秀なプロテインです。

 さらに、マイプロテインはコスパの高さも強みでもあります。Amazonの価格を対象に1食あたりの価格を出してみたところ約73円/1食とかなり安い結果になりました。これはコスパが高いですねー。

 なお、味に関しては結構好き嫌い分かれるようで、全然大丈夫という人もいればそうでない人もいましたね。

be LEGEND(ビーレジェンド)

 次に、こちらも愛用者が多かった「ビーレジェンド」。このビーレジェンドは国産ブランドというところが大きな強みですね。海外のプロテインに比べるとタンパク質の含有量が少ない国産プロテインですが、ビーレジェンドは1食あたりのタンパク質含有量が20g以上と国産の中では優秀なプロテインです。

 また、味がとても美味しいと評判でこれkらプロテインデビューする人向けのプロテインとしてもよくおすすめされるプロテインですね。

 自分の周りでは、価格が安いということでサブプロテインとして飲んでいる方もいましたね。

DNS

 次は、ジムとかでもよく売られている有名な「DNS」のプロテイン。SAVASと並びとても有名な国産ブランドのプロテインです。タンパク質の含有量は1食(33g)あたり24.6gで海外ブランドにも負けないくらい含まれています。ビーレジェンドに比べると少し価格が高めですが、国産ブランドで高いタンパク質含有量がとても魅力的なプロテインです。

 味に関しても、申し分ない味わいで質が高くメインプロテインとして飲んで入る方は結構多い印象ですね。

 ちなみに、松ザップことダウンタウンのまっちゃんも、ドリンクタイプのプロエックスというDNSのプロテインを飲んでいるということがテレビで暴露されていましたね(笑)

ゴールドジムプロテイン

 最後に紹介するのが、こちらトレーニングジムの王道「ゴールドジムのプロテイン」。ゴールドジムは筋トレをしない人でも一度は聞いたことがあるくらい有名なジムですが、そのゴールドジムが販売しているプロテインになります。さすがはゴールドジムということで、タンパク質の含有量も100gあたり82.7gと申し分なく、独自の技術で製造されたCFMホエイプロテインにはBCAAの組成比率が高いグリコマクロペプチドという成分が多く含まれているそうで、ゴールドジムの通っている人でこのプロテインを飲んでいる人は多いですね。

 少し値段が高くなりますが、そのクオリティと美味しい味わいが評判のプロテインですね。

まとめ

 ということで、今回はパーソナルトレーナーや筋トレ上級者の方が実際に飲んでいるプロテインを紹介させていただきましたが、有名なプロテインから海外のマニアックなプロテインまで意外と人によって様々で、絶対的なプロテインはないという感じでしたね。やはり味や価格やタンパク質の含有量等、人によって重視する部分がそれぞれ違うので、その結果飲んでいるプロテインも違ってくるということなのかなと思います。

 もちろん、今回紹介した商品以外にも優秀なプロテインはありますし、一部の人達に限った聞き取りの結果なので、筋トレ上級者みんながこれらのプロテインを飲んでいるわけではないですが、ひとつの参考にしていただけば!

 それでは今回はここまで!また!

著者プロフィール

Takanori Hashi

東京、奄美大島、宮崎の3拠点生活をしたい30代のおじさん。仕事の傍、子育て&趣味に精を出す一児のパパ。普段はプログラム書いたりデザインしたりWeb関連のお仕事をしています。TwitterもInstagramも基本フォローバックするのでお気軽にフォローしてください!

人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です